100記事書かなくても1万PVは届く!ゆるゆるブログ運営のススメ

 

ブログ始めてる人、増えてますよね。

その目的はいろいろで、広告収入を得るためだったり自己ブランディングをするためだったり……。

かくいう自分もライターとしてのブランディングを行うべく、こうしてブログを書いているわけです。

 

ブログを書く人が増えればそれだけブログにまつわるノウハウや考えが生まれます。

特によく聞くのが「とりあえず100記事書け」というもの。

100記事も書けばPVがグッと増える……らしい。

 

でも、ぼくはあえて

山田ユウキ
無理に100記事を目標にしなくていいのでは?

というブログ論を投げかけさせてもらいます。

なぜなら自分がそうだったから。

100記事どころか70記事も書いていませんが月間1万PVを超えています。

 

ということで自分の経験をもとに、軽くブログ論でも語ってみます。

当ブログの累計記事数&PV推移

何はともあれ当ブログのデータですよね。

細かい数字はアドセンスの規約的に怪しいので出しませんが、ざっくり↑のような感じです。

 

ご覧の通り60記事ちょいで1万PVを達成しております。

ちなみに今月(9月)は1万5,000PVは超えてきそうな感じ。

 

8月に記事を多めに更新しているのはPV増によってテンションが上がったからです。

もちろん書いたばかりの記事がアクセスを集めるわけもないんで、おそらくこんなに書かなくても8月は1万PVを超えていたでしょう。

それを考えると

50記事いかなくても1万PVはいける!

といっても良さそうですね。

 

ちなみにこのグラフではあたかも2017年10月からブログを始めた、みたいになってますけど、実はブログ自体は数ヶ月前からありました。

ただあまりに当時書いた記事がゴミだったので消してしまったんです。

消した記事は20記事くらいだったかな……。

その分長くドメインを持っているということになるので、多少は影響があるかもしれませんがそこはご了承ください。

 

「毎日投稿!」「目指せ100記事!」は疲れる

ブログを始めたての頃は意気込みたくなるものです。

ガンガン更新してガンガンPV集めてやるぜ! ってな具合に。

 

もちろんSEOのことを考えればそれは正解なんですけど、最初はいくら更新しても伸びないのでだんだん虚しくなってくると思います。

いわゆるプロブロガーと呼ばれるような人は

最初の3ヶ月はなんとか気合で乗り切れ!

みたいに言いますけど、それを乗り越えられるのって本当に一握りの存在ですよ。

ほとんどの人は数ヶ月と持たずに更新が止まり、ブログ自体消してしまいます。

 

「ブログを消すのはもったいない」と言いますが自分もそう思います。

ただ頑張っても成果がでなければ挫折してしまうのは当たり前。

 

え? じゃあどうするべきかって?

 

気楽にダラダラやれば良いんじゃないですかね、ぼくみたいに。

しっかりした記事さえ書いていれば大量更新しなくても伸びていきますよ。

そりゃあ大量更新している人には勝てませんけどね。

 

そもそも書いた記事が消えるわけじゃないんだし、挫折したからといって何も消す必要はないじゃないですか。

たとえ1年で30記事しか書けなかったとしても、翌年は30記事ストックがある状態からのスタートです。

広告にこだわらないなら無料ブログを使えばいいですし、仮にWordPressを使ったとしても年間1万~2万円くらいじゃないですか。

こんなのダラダラブログを書いていても、1、2年あれば間違いなく回収できます。

収益の話を少し

当ブログは2018年7月まで1,000円以下でした。つまり赤字です。

しかし8月にはグッと上昇し、中学生のお小遣いくらいになりました。

 

ちなみに今月(9月)は少しマネタイズに力を入れ始めたためさらに上昇の見込みです。

1万円は間違いなく超えるでしょう。

2、3万円くらいにはなるんじゃないかな?

 

月収100万円とかは分かりませんけど、10万円くらいならいけそうな感じがします。

いずれここらへんも記事にできたらと思います。

ブログをやめる理由がない

PVが伸びないからってブログ消さない方がいいですよ。もったいない。

やめる理由は……まぁ1つだけありますけど、消す理由なんてありません。

ついにブログを辞める理由がなくなった件

2018.08.22

 

挫折してもいいから消さずに残しておき、また気の向いたときに更新し始めればいいんじゃないですかね。

ブログガチ勢になるのはほとんどの人が無理だと思います。

ぼくのように長期間努力できない人はエンジョイ勢としてゆるゆるやっていくのが正解なのではないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。