ついにブログを辞める理由がなくなった件

これまであれこれやとブログを書くべき理由、続けるべき理由を書いてきた当ブログ。

もともと辞めるつもりなんてさらさらなかったのですが、ついにブログを辞めるかもしれない最後の要因がなくなりました。

広告収入がサーバー・ドメイン代を超えた

このブログはWordPressというソフトを使って運営しています。

つまり自分でサーバーとドメインを用意し運営しているというわけ。

 

まぁ用意しているといっても借りているだけなんですけどね。

自分の家にサーバーを置いているわけじゃない。

(ぼくは昔、自分でサーバーを用意する=サーバー用のPCを自宅に用意するってことだと思っていました)

 

で、サーバーとドメインにかかる1年間の費用は大まかに以下。

  • サーバー:1万2,000円
  • ドメイン:1,000円

つまり1ヶ月あたり1,000円ちょいかかります。

 

で、見出しにもしてますけど広告収入が月1,000円を超えてくれたんですよ。

具体的にはこの記事にも貼っているような広告(アドセンス)とか、「これいいよ」って紹介してるAmazonや楽天につないでいるリンクとか。

 

当然ながら広告収入はアクセス数に比例して上下します。

このブログはニュースや芸能情報といったトレンド情報はほぼ扱っていませんので、1ヶ月やそこらブログを書かなくてもガクッとアクセスが減ることは基本的にない……はずなんですよね。

つまりもう金の負担を気にしなくてもよくて、あとは書けば書くほど増えていくというわけ。

 

別にプロブロガーになりたいわけじゃないんで「〇〇銀行に口座を開くといいぞ!」とか「クレジットカードはここがおすすめ!」とか書くつもりはありません。

が、好きなことを書いて多少なりともお金がもらえるんだから辞める理由がない……というより辞めるかもしれない理由が続けるべき理由に変わったって感じです。

ブログを辞めたいなら休止にするべき

ブログを始めてもほとんどの人が続かないといいます。

全然アクセスが集まらないとか、書くことが思いつかないとか……。

 

自分もそういう時期があったので気持ちはすごく分かるんですが、せっかくいくらか書いた記事があるならそれを消すのはもったいないです。

別にブログなんてものは1ヶ月に1度は更新しなければいけないとか、そんなルールはありません。

書きたいときに書きたいことを書けばいいんですから。

 

ブログにはさまざまな可能性があります。

広告を貼って収入を得ることができたり、人とのつながりを生むことができたり、仕事につなげることができたり……。

 

ブログにアクセスがない人でもブログを書く意味はあります。

たとえばTwitterで長文の意見を述べようと思ったとき、ブログに書いてリンクを貼り付けるという手段が可能になります。

「これいろんな人に何度も同じ話をしているなぁ~」と思えば一度ブログ記事にしてしまえばあとは記事のURLを伝えるだけになります。

知り合った人に自己紹介するとき、ブログのURLを伝えると自分をより深く理解してもらえます。

 

書けば書くほど記事はストックされていくので、メリットはどんどん大きくなっていきます。

サーバー代・ドメイン代が赤字になること以外、辞める理由なんてなくないですか?

そもそもなぜ無料のブログサービスを使わなかったのか?

ここからは余談です。

 

このブログは最初から一貫してWordPressを使って運営しています。

ただブログを書きたいだけならはてなブログなどのwebサービスがあるわけですが、ぼくはあえてそれらのサービスを使いませんでした。

それはなぜか?

 

これまでちゃんと理由を考えたことがなかったんですが、言葉にして考えてみます。

ブログサービスの会社に広告料を取られないから

無料でブログを開設すると、ブログサービスから勝手に広告が貼られます。

しかしその広告がどれだけの人の目に入っても自分の利益には一切ならない。

だから「どうせなら自分の利益になった方がいいなぁ」と思ったのが一つの理由です。

 

別に無料のブログサービスを否定したいわけじゃないですよ。

サーバーやドメインといった知識が必要なく、さらにそれを無料で使えるというのは素晴らしいことだと思います。

まぁ考え方の違いですね。

自分の力で戦えるから

無料ブログではブログサービスのドメインパワーを借りることができます。

たとえばはてなブログであればドメインは「〇〇.hatenablog.com」といったものになります。

これがなかなかバカにできなくて、すでにある程度Googleに認知されているドメインだと検索で引っかかりやすくなるんですよ。

 

しかしこのブログのように独自のドメインを使っているとなかなか検索で上に上がりにくい。

 

Google「なんやお前、いきなり出てきて信用ならんなぁ?」

 

と思われるわけ。

 

特にぼくはTwitterを利用していませんから、ブログを始めてから数ヶ月は自分以外誰も訪れることのない絶海の孤島状態。

0からGoogleの信頼を勝ち取る必要がありました。

誰にも見られないことが分かっていながら書くのはなかなかしんどかったです。

 

それでも自分の力でどこまでやれるか試してみたいという気持ちがあったんですよ。

これはもう性格としか言いようがありません。

ゲームの中でもできれば銃よりも剣、剣よりも素手を選ぶタイプです。

……これはちょっと違うかも。

 

ただこの経験のおかげで新規に立ち上げたwebサイトがどのようにして成長していくのかという過程を知ることができました。

普通はできないなかなか貴重な体験だったと思います。

 

あ、それともう一つ。

独自ドメインはある程度Googleからの信頼を集めるとブログサービスのドメインよりも評価されると言われているので、もしかするとその恩恵にあずかれている可能性があります。

カスタマイズが自由だから

ブログを書き続けていると「ここの表示をもう少し下にズラしたい」とか細かい部分が気になってくることもあるでしょう。

が、ブログサービスでは可能なカスタマイズに限界があります。

 

ところが自分でサーバーを用意しているとシステムの根本から操作できるのでどんなカスタマイズも可能です。

なんならもらったコメントを編集することだってやろうと思えばできます。(もちろんやりませんけど)

まぁ、HTMLやらCSSやらPHPやら分かっていないとできないことも多いので、そこまでこだわりがないなら手軽にカスタマイズできるブログサービスを使った方が良いでしょう。

あとあとブログを移転しなくていいから

ブログサービスを使ってブログを書いていたとしても自分で用意したサーバーに移転することは可能です。

でもめんどくさいじゃないですかそんなの。

具体的にどうするかとかはよく知りませんけど、たとえば100記事書いていたブログのデータを他のサーバーに移動するなんて想像しただけでめんどくさい。

データを移動するだけじゃなくてドメインの手続きとか読者への説明とかもあるし……。

あとでそんな面倒なことをするのは嫌だなぁってのも今思えば理由になっていた気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。