ランサーズで優秀なライターを集める依頼文

スポンサーリンク

 

クラウドソーシングでまともなライターが見つからない……。

クライアント様とやり取りをする中で、時々このような声を聞きます。

 

クラウドソーシングは誰でも登録できるためそのレベルはピンキリ。

質・納期・連絡すべてが完璧な人もいれば、逆にすべてがボロボロな人もいます。

 

今回のテーマは「どのような依頼文を書けば優秀なライターが集まるのか?」

 

これを現役ライター目線で解説します。

もちろんランサーズだけでなく、クラウドワークスやシュフティでも活用できるテクニックです。

ライターへの依頼タイトルで注意する3つのポイント

タイトルが魅力的でなければ依頼詳細も見てくれません。

まずは依頼タイトルで注意すべき3つのポイントについて紹介します。

【ポイント1】文字単価を分かりやすく

文字単価はライターが仕事を選ぶ上で重要な判断基準。

依頼タイトルを見た時、瞬時に文字単価が分かる表現にしましょう。

 

消費税や手数料の扱いについても記載してください。

報酬に対する考え方はクライアントによってバラバラなため、混乱してしまうライターも多いようです。

以下のような表記をするのが理想です。

 

【文字単価1.0円(税・手数料抜き)】
 

ランサーズが提示している依頼タイトル例について

ランサーズでは依頼タイトルの例として以下のような書き方を示しています。

 

【1,000円/1記事/800文字以上】
 

しかし、これでは文字単価も分かりにくいですし、税や手数料がどうなるかが分かりません。

 

さらに問題なのが、複数の記事を依頼する場合。

募集一覧では以下のような表記をよく見かけます。

 

【1,000円/5記事/1,000文字】
 

クライアント側からすると違和感は感じないかもしれません。

ですが、ライターからすると1記事あたり1,000円の依頼が5本なのか、それとも5記事で1,000円なのかが分かりません。

せっかく文字単価1円で依頼しているのに、良い条件ではなさそうだと判断されてしまってはもったいないです。

 

実際、私もこのような依頼タイトルはスルーすることが多いです。

他にも案件はたくさんあるので、わざわざ詳細を見る必要はないかな、と思ってしまうのです。

【ポイント2】どんな仕事内容なのかを明確に

依頼タイトルはできるだけ明確に、具体的にしてください。

たとえば「健康食品についてのライティング!」といった依頼タイトル。

よく目にする書き方ですが、これでは内容が不明瞭です。

 

健康食品は健康食品でも、その内容は青汁や野菜ジュース、サプリメントなどさまざまなはず。

ライターの中には怪しい商品の紹介記事は避けるようにしている、という方もいます。

ただ健康食品とだけ書いても

怪しそうだしやめておこう。

と思われる可能性があるのです。

【ポイント3】ライターのメリットをアピールする

ライターにとってのメリットは文字単価が高いことだけではありません。

たとえば継続依頼で仕事を探す手間が省ける、記名記事を執筆して実績にできる場合。

これらもライターにとっては魅力的なメリットです。

 

アフィリエイト記事の募集が多いクラウドソーシング上では、記名記事の募集がほとんどありません。

記名記事なら多少単価が低くても仕事を受ける、という人もいるくらいです。

ライター目線でメリットとなりそうな内容はどんどんアピールしましょう。

ランサーズではありがちだけど効果のない依頼タイトル

「初心者歓迎」はアリ? ナシ?

この記事を読んでいるあなたは優秀なライター、最低でもまともなライターに依頼したいと思っているはず。

それなら「初心者歓迎」という文言を入れるのはナシです。

初心者歓迎の案件は単価が低いことが多いため、すでに十分活躍している方(優秀な方)からは見向きもされません。

 

書いてさえくれれば誰でも構わない、と考えるのも甘いです。

実は、ぼくも以前クライアントとしてライターを募集したことがあるのですが……

モノは試しと文字単価0.5円で募集をかけたところ、納品された記事の粗末さに驚きました。

内容がスカスカで同じことを何度も繰り返している文章、文字数を稼ぐために本筋とは関係のない文章……。

コピペチェックをしてみれば元の情報をちょっと書き換えただけと判明……そんなこともありました。

 

たとえ初心者であっても、本気でライターとして稼ぎたいと思っている人ならわざわざ初心者歓迎の案件には応募しないでしょう。

ということで、やはり「初心者歓迎」を使うのはおすすめできません。

 

ランサーズ上での「高単価」という文言は誰も信じていない

依頼タイトルに高単価と書いている募集もよく見かけます。

しかし、ライターにとってはどこからが高単価と言えるのでしょう?

あくまで個人の意見ではありますが、高単価と言えるのは少なくとも文字単価1円以上(税・手数料抜き)です。

(ただしこれは募集一覧にある依頼の話。直接依頼・継続依頼の場合はさらに上がります)

 

その割に「高単価」と募集している案件は1円以下であることが多いです。本当に多いです。多すぎます。

優秀なライターはそれを知っているので、高単価と書いてあるからといって応募しようかな、とはなりません。

本当に高単価であることをアピールしたいなら上でも解説しましたが、

 

【文字単価1.5円(税・手数料抜き)】
 

のように数字を表記しましょう。

 

依頼の特徴

依頼タイトルの下には依頼の特徴を表示させるチェックボックスがあります。

これについてはあまり気にせず、条件に合うものにチェックを入れて構いません。

 

ただ、項目が多すぎる依頼は敬遠します。

誰が書いてもいい依頼(=単価が低そう、上がらなさそう)なのかなと感じるからです。

依頼詳細

依頼タイトルの次に大事なポイントです。

ライターにとって魅力的に感じる依頼文を作成しましょう。

1.まずはライターへ必須の条件を伝える

必須の条件があるなら、最初にそれを伝えましょう。

(○○の資格がある人、○○を使った経験のある人など)

 

興味を持って詳細を見たにもかかわらず、最後の最後で自分は応募できないと分かればライターは落胆します。

これはライター側の都合で、クライアント側はそこまで気にする必要がないのでは?と感じるかもしれません。しかしライターの気持ちを考えてみてください。

 

落胆したライターはこう考えます。

「このクライアントは自分にできる案件を募集しない」と。

そう思われると、特に専門知識などが必要ない他の案件も見てくれなくなります。

ライターは意外とクライアントを覚えているものです。

 

最初に条件が提示されていれば落胆も最小限で済みます。

すぐにブラウザバックするだけなので印象も悪くなりません。

2.「依頼概要」ではライターが明確に仕事内容が分かるようにする

次は依頼タイトルで説明しきれなかった記事内容を説明します。

継続依頼なら週何本、もしくは月何本のように、どのくらいのペースで書いてもらいたいかも書きましょう。

 

掲載先は明かせるのであれば明かした方が良いです。

あまり人目に触れさせたくないなら当選が決定した後メッセージで伝える、という形式でも構いません。

3.ざっくり説明した内容を「依頼詳細」で説明

依頼詳細で押さえておくべきポイント
  • どんなテーマで記事を書くのか(「ダイエット」レベルではなく「糖質制限ダイエット」くらい詳しく)
  • 見出しは決められているのか、またライター判断で変更は可能なのか
  • 読者はどのような層をイメージしているのか(具体的であればあるほど良い)
  • 画像の用意は必要か
  • 納品方法はどうするのか(テキストファイルかwordファイルか、それともCMS入稿?)

テンプレートは後ほど紹介しますのでよろしければご利用ください。

4.報酬

これは「作業・単価の補足」に記載しても構いません。

文字数によるインセンティブがあるのか?継続すると単価が上がるのか?を伝えるのもおすすめです。

 

ライターへの単価アップも書くとGOOD

「継続すると単価が上がります」と伝えたい場合、どうすれば単価が上がるのかも分かるとさらに提案が増えます。

クオリティが満足なら文字単価1円アップ、10記事納品ごとに0.1円アップ、など。

 

5.注意事項

これは「作業時の注意点」に記載しても構いません。

コピペ厳禁であること、「ですます調」か「である調」などを記載します。

 

ランサーズで地雷ライターに遭遇しないために

一度に複数記事を依頼される方も多くみかけます。

しかし、できれば1記事依頼して様子をみた方が良いでしょう。

提案文がまともでも、納期を守らない人や連絡が滞る人はたくさんいます。

 

実績を示してもらうのも地雷ライターを避けるためには効果的です。

提案の際は「できればサンプル記事や実績URLを提示してください」としておけば極端に低レベルな提案を弾けます。

ランサーズにおけるライターの適正な文字単価とは?

どれだけ魅力的な依頼文でも、文字単価が低ければ提案は集まりません。

文字単価1円の募集もある中、わざわざ0.3円の募集に依頼するのはサービスに登録したての初心者だけです。

最低でも0.5円、できれば0.8円以上(税・手数料抜き)に設定しましょう。

 

1円以上の募集をかけると提案が段違いに増えます。

ただ集まったライターがすべて優秀なわけではないので、提案文の内容やプロフィールを見て判断しましょう。

 

ランサーズの提示している文字単価相場表がなかなか良くできているなと感じます。

引用元:ランサーズの仕事依頼ページより

このくらいを目安にすれば比較的まともなライターが集まると思います。

 

ランサーズの各種オプションについて

ハッキリいって不要です。

たしかに急募オプション、注目オプションをつければ依頼は目立ちます。

魅力的な条件の募集であれば効果はあるでしょう。

しかし、オプションに予算を割くぐらいなら報酬に反映する方がずっと人が集まります。

 

そもそも急募や注目のオプションがついている案件は低単価であることがほとんど。

クラウドソーシングを熟知しているライターはこのような案件を避けます。

そのためオプションをつけることがむしろ悪影響になっている可能性さえあります。

 

マイページ表示オプションなんて本当に意味がないです。

山田ユウキ
まったく関係ない分野の仕事も紹介されるからほとんど見ません……。

 

ただ認定ランサー・ランサー100人への通知オプションはアリかもしれません。

なぜならすでに仕事が十分に足りているライターは案件の募集を見ていないから。

依頼内容にピッタリな実力派ライターに声が届く可能性もあるでしょう。

ランサーズでの取引実績が少ないならプロフィールも充実させよう

取引実績の少ないクライアントは警戒されます。

地雷ライターがいるように、クライアントにも地雷がいるのです。

 

ある程度取引実績があるならライターは評価やコメントでそのクライアントが信頼できるか否かを判断します。

しかし、そうでない場合はプロフィールしか判断材料がありません。

 

ライターのプロフィールほど書き込む必要はありませんが、どんなメディアを運営しているかは最低でも書いてください。

法人なら会社名を明かすのも効果的です。

プロフィール画像もできれば設定しましょう。

顔写真か企業ロゴが理想ですが、風景の写真やイラストがあるだけでも他のクライアントとの差別化になります。

魅力的なライターからの提案が見つかったら

まずはメッセージで連絡をしてみましょう。

返事が遅い、メッセージの文章がめちゃくちゃなど、ちょっとマズイかもと思ったら考え直した方がいいです。

 

ランサーズ依頼文テンプレート

依頼タイトル:【文字単価1.0円(税・手数料抜)/1,000文字】長期継続アリ、野菜ジュース解説記事のテストライティング

 

■依頼概要

弊社で運営しているメディア「野菜で満足.com」に掲載する記事を執筆いただけるライター様を募集しています。
今回はテストライティングということで1記事での依頼になりますが、クオリティの高い記事を納品されたライター様には週3本程度のペースで継続依頼をお願いしたいと思っています。

■依頼内容

以下の記事タイトルから1つお選びいただき執筆していただきます。

・野菜ジュースにすると栄養素は減るのか?
・日本人に不足している栄養素はこれだ! 野菜ジュースで不足分を補おう
・手作りの野菜ジュースに入れるべき野菜まとめ

構成・見出しについてはこちらで指定致します。
読者が求める内容であれば見出しや小見出しを追加しても構いません。

読者イメージは20代から30代の男性。
仕事が忙しく、食事はコンビニやスーパーの惣菜に頼りがちな方を想定しています。

■画像選定・納品方法

画像の用意は必要ありません。
納品はwordファイルでお願いします。

■報酬

依頼タイトルの通り、報酬は文字単価1.0円(税・手数料抜き)で計算します。
ただし、今回は1,000文字を超えても報酬は1,000円となります。

クオリティの高い記事を書いていただけると判断した場合、次回からのご依頼では文字単価を1.25円と設定、500文字ごとに報酬を調整させていただきます。

例)
1,200文字→1,000円
1,750文字→1,500円

■注意事項

・コピペチェックツールを使用して記事を確認します。
必ずオリジナルの文章で執筆してください。

・「ですます調」でお願いします。

■補足説明

提案の際にはできればサンプル記事、もしくは過去に執筆した記事のURLをお知らせください。
当選者を選ぶにあたり参考にさせていただきます。

ランサーズ以外のクラウドソーシングも使ってみよう

記事タイトルは「ランサーズで~」としていますが、もちろん他のクラウドソーシングを使うのもアリ。

ランサーズやクラウドワークスばかり有名になっていますが、BizseekShinobiライティングといったサービスもあるのはご存知でしょうか。

1つのサービスしか使っていない、というライターも少なくないので、できるだけいろいろなサービスに登録してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。