備忘録

ダイエットに取り組む人へプロテインを勧める理由

 

プロテインって筋肉をつけたい人が飲むものでしょ?
健康的にも大丈夫なのか心配だし、ダイエットにはいらないよね

山田ユウキ
山田ユウキ
その考えはもったいないです

 

プロテインというと特別なものと思うかもしれませんが、結局はただのタンパク質でしかありません。

そしてプロテインはダイエットをしている人ほど意識して飲むべきもの。

ということで今回はプロテインとは何か、どうしてダイエットをする人が飲むべきかについて解説していきます。

 

プロテインとはタンパク質のこと

先ほども書きましたがプロテインとはただのタンパク質。

肉や魚、大豆や牛乳にも含まれている身近な栄養素です。

 

……いや、身近なんてものじゃありません。

なにせタンパク質は脂質、糖質と並び三大栄養素の1つ。

私たちが健康に生きるためには、このどれも欠けてはいけないのです。

タンパク質の重要性

人間の体の60%~70%は水分でできている、というのは有名な話ですよね。

しかし残りの30%~40%が何かというのはあまり話題になりません。

実はタンパク質は、この残りのうちおよそ半分を占めています。

 

筋肉はもちろん、皮膚や髪の毛、内臓や脳、血液まで、体を構成する部分の大半はタンパク質。

そんなタンパク質の摂取量が減ればいろいろと問題が起きるであろうことは誰にでも予想できるはず。

筋肉が減る、肌が荒れる、体力が落ちる、免疫力も低下する、などの影響があります。

タンパク質が不足する理由

ここまでタンパク質が重要という話をしてきましたが、実はそもそも現代人にはタンパク質が圧倒的に足りていません。

糖質や脂質の摂りすぎという話はよく聞きますが、タンパク質の摂りすぎという話はあまり聞きませんよね。

 

以前、とあるCMで「おいしいものは脂肪と糖でできている」というキャッチフレーズがありました。

これはまさにその通りで、人の味覚は脂肪や糖を好むようにできています。

 

おいしい食べ物が売れるのは当然ですから、世の中に出回る食品も自然と脂肪や糖質が多いものばかりになります。

例えばスーパーの惣菜やインスタント食品、コンビニのお弁当など……。

先ほども説明した通り三大栄養素は脂質・糖質・タンパク質の3つですから、脂質と糖質が増えればタンパク質が減ってしまうのは当たり前ですよね。

脂質・糖質が増えるとタンパク質は減る

ただでさえ少ないタンパク質がダイエットでさらに少なく

ダイエットの基本といえば食事制限です。

しかし、食べる量が減れば三大栄養素の摂取量も減ります。

 

もともと摂りすぎている脂質・糖質が少なくなるのは良いのですが、問題はタンパク質。

タンパク質の摂取量が減り、摂取カロリーが消費カロリーを下回ると筋肉が減っていきます。

そして筋肉が少なくなると代謝が減ってしまい、痩せにくい体になってしまうというわけです。

 

まぁ、痩せるときはどうしても筋肉が減ってしまうものなんですが、タンパク質を摂っていればその減り方はゆるやかになります。

他にも体力低下や肌荒れなどの問題もありますから、男女関係なくタンパク質を意識的に摂っていくのは重要です。

タンパク質を摂るにはプロテインがおすすめ

ただタンパク質を摂るだけなら肉や魚、大豆などで全然構いません。

むしろそれで足りるなら理想的だといえます。

 

しかし肉を食べると一緒に脂質も摂ってしまいますし、魚や大豆を積極的に食べるのも難しいですよね。

そこで登場するのがプロテイン。

プロテインは糖質と脂質をできるだけカットし、ほぼタンパク質のみにした粉のことです。

プロテインは怪しい薬ではないのか?

一般的にあまり馴染みがないものなので、「怪しい薬なんじゃないか?」と警戒してしまうのも無理はありません。

しかしこれは完全に誤解。

納得できるように説明していきます。

 

プロテインにはいくつか種類があり、大きくホエイ・カゼイン・ソイの3つに分類されます。

が、ここでは最もメジャーと思われるホエイプロテインについて説明します。

 

ホエイプロテインの原料は牛乳です。

牛乳はタンパク質が豊富、という話は一度くらい聞いたことがあるのでは?

ただし牛乳は脂質もそれなりに多く含んでいるのでダイエット時にあまり好まれる食品ではありません。

 

一方でチーズという食べ物がありますよね。

チーズは牛乳から作られることは多くの人が知っているはず。

そんなチーズは脂質が高いといわれています。

 

ここで疑問に思ってほしいのは「あれ? タンパク質どこにいった?」ってこと。

 

この疑問の答えこそがプロテイン。

プロテインとはチーズを作る過程で取り除かれたタンパク質のことなのです。

(プロテインを作る過程で取り除かれたのがチーズともいえますが)

引用元:製造方法 | ホエイたんぱく | DNS TECH | DNS ZONE

 

「プロテインは人工的なものだから~」といって口にしないなら、チーズに関しても人工的なものだから食べられないという話になります。

おすすめのプロテイン

プロテインにはいろいろ種類があります。

薬局やスポーツショップで売っているのはほとんどがSAVASというブランドのものですが、何もそれだけではありません。

AmazonなどではSAVASよりも安いプロテインがいろいろと売っています。

 

なぜ値段の違いが出るかですが、これはタンパク質の純度などが影響しています。

あとは筋肉がつきやすいように成分が調整されていたりもしますね。

個人的にはネームバリューも関係しているんだろうと思っていますが……

 

真剣に筋トレしている方ならここもこだわるのでしょうが、ダイエットくらいであればそこまでこだわる必要はありません。

できるだけ安いプロテインがいい! ということであればおすすめしたいのはマイプロテイン

1kgあたり2,000円ちょっととかなり安いです。

 

マイプロテインでプロテインを購入するには公式サイトにアカウント登録する必要があります。

登録するときには友達紹介コードというものを入力できまして、「ARX0-R2」と打っていただけるとぼくもあなたも商品の割引クーポンがもらえるので、よかったら使ってくれると嬉しいです。

ABOUT ME
山田ユウキ
北海道石狩市のフリーランスwebライターです。【執筆依頼・お問い合わせ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。