元バイトが教える働きやすい飲食店の選び方

 

きついイメージもある飲食店バイトですが、良い店を選ぶことさえできれば非常におすすめできるバイトです。

ざっと思いつくメリットだけでも以下の通り

  • 大学生なら就活で経験が活きる
  • 店によってはまかないが食べられる
  • ガッツリ稼ぐのが簡単
  • 人脈が広がる
  • 異性との出会いがある

 

とはいえ店選びに失敗してしまうと結構つらいです。

 

飲食に興味はあるがブラックバイトは避けたい人
飲食店バイトに挑戦してみたいけど、ブラックな環境で働くなんて絶対に嫌!
働きやすいバイト先を探す方法があるなら教えてほしい。

 

この記事はそんなあなたの悩みに答えます。

 

山田ユウキ
ぼくは大学生時代に3年ほど飲食店でアルバイトをしていました。
飲食店の裏側まで知っているので、この記事はこれから飲食店のバイトを探そうと思っている人に必ず役立つはずです。

 

飲食店バイトを探すなら、まずは複数の候補を!

冒頭でも説明した通り、飲食店でバイトを探す上で一番重要なのは店選びです。

 

求人情報誌をパラパラとめくって

んー……、よく分からないけどここでいいかな。

というのは危険です。

いざ働きだしてみたらとんでもなくブラックな環境だったということもありえます。

 

飲食バイトを選ぶ際はいくつか候補を探し出し、そこから絞り込んでいきましょう。

候補の数は3つ~5つくらいがおすすめです。

 

とはいえ

いくつか候補を選ぶといってもどんな店を選べばいいの?

と思いますよね。

 

ぼくが見るべきだと思うポイントはただ1つ。

求人情報で店員が顔出しをしているかどうかです。

顔出ししている求人を選ぶべき理由

店員が顔出ししていれば、ある程度職場の人間関係が良好であるだろうと予想できます。

 

そもそも求人情報に載せる写真は必ずしも店員が顔出ししなければいけないものではありません。

それに写真を撮られてからといってお金がもらえるわけでもありません。

つまり

山田ユウキ
え、お金がもらえるわけでもないのに写真なんて撮られなきゃいけないの?
嫌だよそんなの。

となるわけ。

 

もし無理矢理写真を撮られている場合は見れば分かるはず。

何人か写っていて一人だけ表情が引きつっている、なんて写真はたまに見かけます。

 

でも社員とバイトの仲が良かったら写真を撮られることにそこまで抵抗はありません。

山田ユウキ
写真撮るんですか?いいですよー!

となります。

少なくともぼくはそうでした。

 

掲載されている人数が多ければ多いほど人間関係は良い職場だとぼくは判断しています。

それだけ写真撮影に応じる店員が多い=職場にマイナスな感情が少ない、ということになりますから。

複数人が一緒に写っているとなおグッド。

 

ですが、これだけではまだまだ心配。

だからこそいくつか候補を挙げ、絞っていくのです。

バイト先候補を絞る方法

具体的には以下2つの方法があります。

  • お客さんとして下見してみる
  • バイトの面接を受けてみる

できればどちらも実践してほしい方法なのですが、さすがに両方は大変だということであればどちらかだけでも構いません。

お客さんとして下見をしてみる

実際にお店に行くと求人情報だけでは分からないことが見えてきます。

とはいえ、どの時間に行っても良いというわけではありません。

狙うべきは店が混雑するタイミング。

 

具体的には以下の時間帯を狙っていくと良いでしょう。

  • カフェや喫茶店:休日の12時~13時
  • レストラン系 :休・祝日前の19時~20時
  • 居酒屋    :休・祝日前の21時~22時

 

混雑した時間に下見をして分かること
  • 店がどれだけ忙しいか分かる
  • 働く環境が良いか悪いか分かる

店が忙しいかどうかってのは想像できたと思います。

ピーク時の混雑があまり大したことないようであれば当たりです。

 

が、注目するべきポイントはもう1つ。

混雑のピークを迎えている店では働く環境が良いか悪いかが分かりやすいのです。

 

例えばですが、あまり良くない職場環境だと社員がアルバイトにイライラした態度をぶつけている様子が見られます。

ひどい場所だと客の見える場所で怒鳴っていることも。

わざわざそんな店を選ぶ必要はありません。即却下でOK。

バイトの面接を受けてみる

バイト先候補を絞るもう1つの方法が実際にバイトの面接を受けてみるということ。

実は本当におすすめしたい方法はこっち。

 

お客さんとしての下見ではやはり分かることに限界があります。

店側はあくまであなたをお客さんとして扱うわけですから。

 

バイトの面接を受ければ、店側はあなたをこれから一緒に働くかもしれない仲間として扱います。

そのため面接する社員の素に近い態度を見ることができますし、こちらからも店の事情に突っ込んだ質問をすることが可能です。

1対1で話し合うことで自分が店の雰囲気に合いそうかどうかを判断できるというわけ。

 

複数の店にバイト応募してもいいの?

と思うかもしれませんが、それは気にしなくて大丈夫です。

高校受験だって大学受験だって複数の学校を受けるのは当たり前じゃないですか。

就職活動だって1つの企業しか受けないなんて人はまずいません。

これはバイトにだっていえることです。

 

ただ、バイトの面接を受けると採用することを前提に話を進められる場合があります。

もし他にバイト応募しているならそれは素直に伝えましょう。

正直に直接言う勇気がないなら、後から電話で辞退してもOKです。

 

電話で辞退する方法の例
  • 他のバイトに決まってしまった
  • 家庭の事情でバイトをする時間がなくなってしまった
  • 大学の講義の関係で時間がなくなってしまった

 

これについては社員の方と以下のようなやり取りをしたのであまり心配する必要はないでしょう。

山田ユウキ
採用したバイトが辞退することってあるんですか?
たまにあるね。
当然嬉しい話じゃないけど、そういうこともあるかと割り切ってるよ。

働きやすい飲食店の選び方まとめ

  • 顔出ししている求人を3つ~5つ選ぶ
  • 店に行って下見 or バイト面接を受けてみる

 

下見をしたとしても、できれば3つくらいはバイト面接を受けておきたいところです。

1つの店だけだと良い店か悪い店かという判断もつきにくいかと思うので。

 

ちなみにバイト先を探すならマッハバイトという求人サイトがおすすめです。

他にもいろいろと求人サイトを見てみましたが、個人的にはここが一番だろうなという印象です。

 

マッハバイトをおすすめする理由
  • 最大1万円、最低でも5,000円の祝い金がある
  • 祝い金は最短翌日にもらえる
  • 求人数が多い

 

やはり一番の目玉は祝い金があるということ。

最短で翌日にはもらえるというのも嬉しいポイントです。

バイトを始めるときって「今お金が足りない!」ってことが多いですからねぇ……。

 

また、求人は全国47都道府県すべてをカバーしており求人数も多いです。

(パソコンからだと分かりづらいですが、画面上の「エリアから探す」で全国の情報を見れます)

求人数が多いということは、しっかりリサーチすればほぼ間違いなく穴場の飲食店バイトを見つけられるということになります。

山田ユウキ
正直、自分が大学生のときに知りたかった……。

 

求人情報誌から電話をかけてもお祝い金はもらえませんし、求人数もさほど多くありません。

どうせ同じ店選びならマッハバイトを利用するのがおすすめです。

公式サイト:マッハバイト

【経験者が教える】飲食店バイトを検討している人に必要な情報まとめ

2018.09.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。