【元飲食店バイトが教える】飲食店バイトの仕事内容

 

初めての飲食店バイトともなれば不安なことがいろいろとありますよね。

特に気になるのは仕事内容のはず。

 

飲食店バイトに興味がある人
飲食店のバイトをやってみようと思ったけど、どんな仕事をするんだろう?
自分でもちゃんとついていけるだろうか……。

 

この記事では以下の疑問に答えます
  • 飲食店のバイトはどんな仕事をするの?
  • 初日はどんな仕事をするの?
  • バイト経験がなくても大丈夫?

 

山田ユウキ
ぼくは大学生時代、某飲食店で3年ほどアルバイトをしていました。
ホールとキッチンどちらも担当していたので、飲食店のバイトについてなら大概のことに答えられると思っています。

 

飲食店バイトの仕事内容

飲食店バイトの仕事は大きく分けて2つ。

  • ホール
  • キッチン

店によって細かい違いはあるかもしれませんが、基本的な部分はどこの店でも同じかと思います。

 

勤務時間はホールでもキッチンでも特に違いはないでしょう。

4時間~6時間くらいが目安と考えてください。

ホール

来店したお客さんを案内したり、注文を取ったりする店員をホールスタッフといいます。

キッチンに比べてやることが多いのですが、一つ一つの仕事はそこまで難しくありません。

覚えてしまえば何の苦労もないはず。

 

一つ一つの仕事内容よりも、今何をするべきか、優先順位をどうするかという判断力の方が最終的には重要になります。

まぁ、とりあえず判断力の話は置いておいて、細かい仕事内容について紹介します。

 

席へ案内

これは説明不要でしょう。

混んでいるときは待っていてもらう必要があります。

 

どのくらい待ちますか?
〇〇分くらいですかね。

というやり取りはおなじみですが、わざわざマニュアルで決めている店は少ないだろうと思います。

あとでクレームになるのを避けるためちょっと長めに言っておけばOK。

 

水・メニュー出し

席に案内したあと水やメニュー、おしぼりなどを席に持っていきます。

案内と一緒に持っていくパターンもあります。

 

注文を取る

注文を取るときに使っている手帳みたいな機械はハンディーといいます。

どこにどのメニューのボタンがあるか覚えるまではもたついてしまうので、慣れるまではメモ帳に書いてからハンディーに入力すればOK。

 

注文を取るときは面倒でもちゃんと確認するのがおすすめです。

コーヒー1つとかなら間違えようがありませんが、4人とか5人のお客さんだと間違ってしまうこともあるので。

山田ユウキ
しっかり確認しておけばクレームも入りづらくなります!

 

配膳

完成した料理を客の席まで運ぶことを配膳といいます。

時間が経てば経つほど料理が冷めてしまうので、優先度はかなり高め。

 

片手で皿を2枚持っていたりする店員がいますが、あれはなんかいつの間にか慣れてできるようになります。

とはいえ別に無理してやる必要はありません。

山田ユウキ
ぼくは2枚持ちができるようになるまで半年くらいかかりました。

 

バッシング

バッシングとは客が帰った後のテーブルの片付けのこと。

食器類を洗い場に持っていき、ダスターで机や椅子を拭きます。

ダスターというのは布巾みたいなやつのこと。

山田ユウキ
優先度は高くないです。
まぁ待っているお客さんがいる場合は別ですが。

 

水を汲みに回る

セルフの店も多くなっていますが、そうでない場合は店員がピッチャーを持って店内を回ります。

これも優先度はあまり高くないものの、コップが空になっていたり残り20%くらいになっているなら汲みにいくようにしましょう。

 

レジ

注文を取るときハンディーを使う店なら、レシートの番号を打ち込むだけで金額が表示されます。

そうでない場合は伝票の数字を打ち込みます。

 

クレジットカードを使う場合や領収書を発行する場合、ポイントカードの処理などいろいろと例外はありますが、基本的には決まった動作なので慣れてしまえばどうということはありません。

ただお金が絡む仕事なので他の仕事以上に注意する必要があります。

 

皿洗い

個人でやっているような小さい飲食店は分かりませんが、大抵はウォッシャーという大きな食洗機を使っている場合が多いです。

ウォッシャーは一般に販売されているような食洗機よりかなり強力で、多少の汚れであれば洗わずに突っ込んでもキレイになります。

が、料理によってはしつこい汚れがついていることもあるので気をつけましょう。

山田ユウキ
マジでめっちゃ簡単に汚れが落ちます。

 

ドリンク・デザートを作る

一切やらないこともありますが、店によっては簡単なメニューはホールがやることもあります。

とはいえ難しいことはありません。

普通に家でやっているようにパックに入った飲み物をコップに注ぐとか、そのくらいです。

 

キッチン

キッチンは厨房で料理を作る仕事。

やることはホールほど多くはありませんが、料理の作り方をいくつも覚えなければいけないので結局覚える量はホールと大差ありません。

店によってはキッチンの方が覚えることは多いかも。

 

料理はできなくていい

料理なんてほとんどやったことないよ、という方もいるでしょうが、別に問題ありません。

何も一から作るわけではないので。

例えばパスタなら麺を茹でている間にソースや具材をフライパンで温め、茹で上がったパスタを混ぜるだけ、とかそんな感じ。

山田ユウキ
ぼくは今でも炒り卵くらいしか作れません。

 

大変なのは1度に多くの注文が来た場合

パンクするほど注文が来ても1つずつ潰していくしかないわけですが、できるだけ効率的に作っていく必要はあります。

レンジを使っている間に別の料理を作る、とか。

 

注文が来ていないときの仕事

注文が来ていないからといって何もしていないわけではありません。

 

昼間であれば仕込み。

ソースを作ったり食材を切ったりといった仕事を手伝わされます。

 

夜は締め作業。

閉店するときそのまま放ったらかしで帰るわけにはいきませんから、床やコンロを掃除したり食材を冷蔵庫にしまったりといった作業をします。

 

いくら締め作業を終わらせていても注文が来たら片付けたものをもう一度取り出さなきゃいけないのはめんどくさいです。

そういった理由から個人的にはホールの方が好き。

飲食店バイトの初日はどんな仕事をするか?

初めての飲食店バイトは不安で緊張すると思います。

何をやらされるのか? ってのは気になるところだと思うので、ホール・キッチンそれぞれ初日の仕事について紹介します。

まぁこれも店によって違いはあるでしょうが、そこまで大きな違いはないと思います。

ホール

初日は案内、水出し、バッシングくらいまでやらされると思います。

特に練習もなくいきなり実戦投入です。

 

とはいえ普段見ている飲食店の店員と同じように振る舞えばいいのでそこまで難しくはないかと。

イケそうと思われたら注文をとることもあるかもしれません。

 

皿を割ったらどうしよう、という心配はしなくて大丈夫。

飲食店でバイトをしていれば誰でも皿を割ることはあります。

 

山田ユウキ
ちなみにぼくは初日に3,000円の皿を2枚割りました。

キッチン

料理を作るのがキッチンの仕事なので、初日から料理を作ることになるでしょう。

まぁ基本はマニュアルに従って作るだけです。

プラモデルよりずっと簡単。

 

とはいえ最初はつきっきりで教えてくれるでしょうからそこまで心配しなくてOK。

客と話すこともないので、ホールよりハードルは高くないかなと思います。

飲食店のバイトに慣れるまでかかる時間

人によりますが、ホールもキッチンも3ヶ月くらいあればそれなりに動けるようになると思います。

半年もすれば主戦力になれます。

 

できなかったらどうしよう?

なんて思うかもしれませんが、ぼくの経験上ある程度続けていれば誰でもできるようになります。

 

実際ぼくも

山田ユウキ
コイツやっていけんのか?

と思う人を何人か見てきましたが、1年後には立派な戦力になっていたんで。

 

ホールもキッチンも経験したから飲食店バイトあるあるを紹介してみる

2018.09.24

【経験者が教える】飲食店バイトを検討している人に必要な情報まとめ

2018.09.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。