備忘録

北海道胆振東部地震の個人的な記録

 

2018年9月6日午前3時ごろ、最大震度7にもなる大きな地震が北海道で発生しました。

参考:北海道胆振東部地震/Wikipedia

 

これにより道内のほとんどの世帯が停電。

ぼくも北海道(石狩市)に住んでいるためこの影響を受けました。

 

ということで現地の状況がどのようなものだったか、今後同じような状況になったらどうするべきかをざっくりまとめておきます。

 

北海道胆振東部地震の記録

地震発生の瞬間

地震の発生時はたまたま寝付けずに起きていました。

前触れもなく突然大きく家が揺れました。

 

そのときぼくは布団の上で横になっていましたが、もし立っていたら地震の揺れで転んでしまったかもしれません。

部屋に物が少ないため落下物でケガをするということはありませんでしたが、揺れがあまりに大きかったのでこれはヤバイと思いました。

 

直近の大きな地震といえば東日本大震災ですが、どちらの揺れも北海道で経験した人の話によると今回の方が揺れは大きかったといいます。

ちなみにぼくは東日本大震災のとき電車に乗っていたので違いがよく分かりません。

 

北海道胆振東部地震は広い地域で停電になったことで知られていますが、この時点ではまだ停電になっていません。

たしかに揺れから2、3分ほどは電気がつきませんでしたが、揺れが収まった後はすぐに電気が使えるようになっています。

翌朝、停電

地震が収まった後はすぐに寝てしまいました。

が、問題はここから。

 

朝起きてテレビをつけようと思っても電源が入りません。

停電になったことはこの時点で気づきました。

とはいえ停電なんてすぐに復旧するだろうとこの時点では思っていました。

ここから丸1日以上停電しっぱなしとは思いませんでしたね……。

 

昨日の揺れの大きさからネットで情報を拾い、ようやく北海道の全域で停電していることを知りました。

「あれ、これヤバイ?」と思ったのはこのタイミングです。

 

幸い自分は命に関わるようなことはなかったものの、冬の寒い時期だったらと思うと恐ろしいです。

というのも、うちはオール電化だったから。

もしオール電化の家に住んでいるのであれば予備として灯油の暖房も用意しておいた方がいいです。

 

スマホの充電ができないことも結構な痛手でした。

まぁ、ネット回線も使えなくなっていたのでほとんど電源は切っておきましたが。

 

iPhoneの方なら

設定アプリからバッテリー→低電力モード

で電力消費を抑えられることは知っておいた方が良いでしょう。

 

それと信号が止まっていたことも大きな問題でした。

歩行者用も車用も停止

人通りの多い交差点は混雑し、クラクションやらパッシングやらが飛び交っている光景も目にしました。

ぼくは車を運転していないのですが、こんな状況でもかなりのスピードを出すが人いて危ないなと感じました。

自分がゆっくり走っていても乱暴な車に巻き込まれる可能性はありますので、信号が停電しているときは気をつけすぎるくらいに注意しましょう。

水道の状況

ぼくが住んでいる場所では断水になりませんでした。

が、「もしかすると断水になるんじゃないか?」と思い風呂に水を貯めておくことに。

同じようなことを考えている人も多いのか、水圧が下がって蛇口からはちょろちょろとしか水が流れませんでした。

 

そういえば、市役所の職員が車に乗って「水を出しすぎないように~」と呼びかけていました。

でも正直、それで「そうか、じゃあ水出さないようにしよう」と思う人なんていないよな~と思いました。

断水したときに何かしてくれるわけでもないですからねぇ……。

食料の確保

これだけ大事になっているのだから、とりあえず食料を確保しようとコンビニへ行くことに。

もちろん店内の電気は止まっています。

 

で、やっぱり同じことを考える人は多いものでレジには長蛇の列ができていました。

商品もほとんど残っておらずゼリーやヨーグルトがちょっとあるくらい。

パンやカップ麺など保存が効く食料品はほとんどありませんでした。

 

それでもとりあえずいくらかの食料品を買い、次はスーパーへ。

もちろんここでも長蛇の列ができていました。

100mくらいは並んでいたかなと思います。

 

1時間くらい並んで水やカップ麺、ガスボンベなどを買いました。

当然ながら買える数に制限があります。

ぼくが買ったところでは1人あたり2品ずつという制限でした。

もしものときは家族全員で並びに行きましょう。

 

それにしてもこんなときまで出勤している店員さんってすごいなぁと思いました。

Twitterでは店員に文句を言う人もいるといった話を聞きましたが、うちの近くではそういった問題を起こす人はいませんでした。

やることがない

こんなことをいうと深刻な被災をした人に悪いんですが、停電となるとかなり暇です。

スマホを使おうにも充電がギリギリなのに暇つぶしで電力を消費するわけにもいきません。

さらにテレビも見れないですし仕事もできない。

店もほとんど空いていませんし。

 

一部のコンビニなどは営業しているのを見かけましたが、ほとんど売っているものはありません。

図書館くらいならもしかして開いていないかな? と思ったんですけど……。

 

手回し式のラジオがあったのは相当助かりました。

暇つぶしになるのはもちろん、災害状況、避難所の情報が入ってくるので非常に助かります。

手回し発電機は一家に一台は用意しておくべき。

夜は完全に真っ暗

街灯も止まっているため夜は完全な暗闇の世界です。

ここまで真っ暗な状況は普段なかなかお目にかかれるものではありません。

ただでさえやることがないのに、さらに真っ暗で動きにくいとあっては寝るしかないでしょう。

 

ただ、地上の明かりがないおかげで星はかなりキレイに見えます。

翌朝

次の日も前日と同じ。

コンビニやスーパーで食料品を買うために並び、あとは家で黙ってラジオを聞いていました。

電気が復旧したのは午後10時頃。

40時間近く停電していたことになります。

覚えておいたほうが良いこと

食料・水はすぐに確保する

水が出るなら早めにキープ。

ペットボトルや風呂に貯めておくことを個人的にはおすすめします。

 

ただ風呂に水を貯めておくことには賛否両論あるようです。

小さな子どもがいるなら止めておいた方が良いとか……?

まぁ、そこは自分の判断でお願いします。

 

次は食事。

コンビニもスーパーも食料品はあっという間になくなります。

自分も1日目は1個もパンを買えませんでした。

この状況はマズイ! と思ったら早めに仕入れた方が良いかと思います。

スマホは極力使わない

もしものときの連絡手段ですから、できるだけスマホは使わない方が良いと思います。

あれこれ調べたくなる気持ちは分かりますが、SNSではデマが流れることもよくあります。

それならラジオを聞いている方が確実です。

 

どうしてもという場合は低電力モード(iPhoneの場合)に切り替えましょう。

設定アプリ→バッテリー→低電力モードで切り替えできます。

似たような機能はアンドロイドにもあるでしょうから探してみてください。

ABOUT ME
山田ユウキ
北海道石狩市のフリーランスwebライターです。【執筆依頼・お問い合わせ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。