“死にたい”ではなく”生きたくない”という感覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生きることに希望を持ってる人ってすごいなぁ、と思う。

自分は生きることに積極的とは言い難い。

じゃあ死にたいのか?と聞かれればそういうわけじゃないけど……。


スポンサーリンク


 

今日眠りについて、それから一生目覚めなかったとしても別に後悔はない。

毎日を後悔しないように生きてるから、とか、そんなカッコいい理由じゃない。

ただただ生きることに意味が感じられないから。

 

死ぬのは確かに怖い。

でもそれって死ぬ時に痛いと嫌だなぁって思うからであって、やりたいことがあったのに、とかそういうわけじゃないんだよね。

だからやりたいことがあって自分の人生を生きている人がすごくうらやましい。

 

〇〇がやりたいから生きてる!って人はみんな輝いて見える。

それは別に世界を平和にする!とか宇宙への進出を目指す!みたいな崇高な夢じゃなくていい。

俺はこのゲームがやりたいんだ!ってレベルでも十分輝いて見える。

 

自分にはそこまで打ち込めるものがない。

昔はゲームに打ち込んだこともあった。

一日中プログラミングをしていたこともあった。

でも、今は打ち込めるものがない。

 

そりゃあゲームをやることもあるしYouTubeを見たりすることもある。

でもそれはただなんとなく観ているって感じでコレのために生きているー!って感じではない。

 

自分みたいな人って意外と多いんじゃないだろうか?

生きる意味なんて分からんけど、ただ惰性で生きている。

なんとなく死にたいなんて考えることはあるけど、絶望しているわけではない。

一瞬で世界から消えることができるなら別にそれでも構わない、そんな人。

 

こんなこと言うと鬱なんじゃねぇの?と思われるかもしれない。

でも、どうやらそういうわけじゃないらしい。

 

実は以前、心療内科に行ったことがある。

当時は生きてる意味が分からなすぎて、自殺しようかなぁなんて思ってた。

手首切ったら死ねるかなって試したこともあるし、首吊ったら死ねるかなと思ってやってみたこともある。

ただ、あれって勢いよく落ちなきゃダメなんだね。

部屋に体重を支えるのにちょうどいいものがなかったから無理だった。

意識が遠のいていく感覚はあったけど死んでいない。

意識が途切れる寸前に痛みが走って、あっ、痛くて無理って思った。

 

話が逸れたけど、そんなこんなで心療内科に行くことにしたわけ。

結果からいうと、うつ病とは診断されなかった。

 

うつ病の人は自覚がない、っていうじゃん?

うつ病かもしれないって自覚があったらうつ病じゃなくなるのかな?

あの当時、自分で自分のことがなんかおかしくなってる気がするなと思っていた。

「あ、これが例のうつ病ってやつ?」なんて思ったりして。

それに加え、会社の健康診断でも専門の医者に診てもらった方がいい、なんていわれたから心療内科に行ったわけだ。

 

でも診断結果はそうじゃなかった。

考えすぎなんじゃねぇの?みたいなことを言われた。

 

じゃあこの感覚はなんなんだ?新型うつ?分からん。

 

健康なのにそんなこと言うのは甘え、みたいに思う人もいるかもしれない。

けど、思っちゃうんだもん。しゃーないやん。

 

もし公営の安楽死施設みたいなとこがあったら行っちゃうと思う。

麻酔して注射を打ったら心臓が止まります、痛みを感じることなく死ぬことができます、そんな施設。

 

自分と同じような考えを持ってる人がどれくらいいるか気になるなぁ。

死にたい!じゃなくて生きたくない!って人。

 

なんか適当にブログ書こうと思ったらこんな話になりました。なんだこれ。暗いな。

 

2018年4月11日追記

想像していたより「共感します!」と言ってくれる人が多くて驚きました。

もはやコメント欄がメインコンテンツです。

もしかすると他の話にも共感してくれるかも→カテゴリ:哲学的な話

 

2018年7月30日追記

この「よく分からんけど死にたい」という弱りに弱ったメンタルがいくらか改善しました。

どう改善したかは↓の記事をご覧ください。きっと役に立てるはずです。

痩せるだけじゃない!パレオダイエットのメンタル改善効果


スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

山田ユウキ

2017年6月、フリーランスwebライターとして開業。パレオダイエッター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    ネットでネガティブな言葉を検索しているうちにこのサイトを目にしました。私もこの考えに共感するところがあります。ちゃんとした生活をするためには、凡人は努力や頑張りが必要ですが、嫌なことをしてまで、生きることに価値が見いだせなくなったのです。調べてみたら、私はパーソナリティ障害なのかもしれないと考えました。自殺も考えてますが、未遂で後遺症が残る可能性もなきにしてあらず。生きるにしても、死ぬにしても、地獄です。勝手に産まれさせられたあげく、頑張りを強要する世の中がいやです。やりたくないないことはやらないという考えは世間では非難されることが多いですが、私はこの考え方がすきです。格好いい生き方だなど思います。それと、同時に生きる希望を持って嫌なことでも、懸命に努力している人にも、憧れますが。
    それと、日常が退屈でつまらなく
    感じてるのめ生きたくないと思う原因です。
    いつか、どんなに大変だとしても、生きてやる的な気持ちになる時が来るかもしれない、とそれだけの微かな希望で生きています。心の春が早く来てほしいものです。長文失礼しました。

    1. 山田ユウキ より:

      >勝手に産まれさせられたあげく、頑張りを強要する世の中がいやです。
      いかにも炎上しそうな考えですが、自分もそう思います。
      この記事にこれだけコメントがついていることを考えると現代人が抱えている闇って深いですよね。

  2. かおる より:

    はじめまして。すごく共感しました。私は小中いじめられて中1のときに初恋で初彼の人が自殺しました。すべてのことが落ち着いたのが高校で、部活を真面目にやってたのですが高校から体調が一変して当たり前のようにしてたことができなくなりました。ずっと後ろ髪引かれるようにすべてのやることが億劫になる感覚。勉強も中学はオール4くらいあったのがギリギリ3になり趣味もなくなり、毎日スマホいじって寝るだけです。受験生になった今でも体調を理由にすべてのことから逃げています。(事実体調は悪いのですが)生きたくもないこの世で行きたくもない大学に行き奨学金で借金を作ってまで生きる理由が見つからずかと言って就職したいわけでもなく生きることを決めれないでいます。電車の中過ぎるのを見るとつい飛び込んだら…とか考えてしまう日々です。生きないといけないとわかってても生きたいと思える何かがなくただ時間だけ過ぎていきます。辛かった中学より何もない高校の方が生きたくないっておかしな話ですよね

    1. 山田ユウキ より:

      今「生きたくない」と感じているのって中学の頃の話と関係があるんでしょうか?
      気に障ってしまったらすみません。
      ですが、その文章だけ見るとあまり関係がないような……。
      彼氏がいなくなった喪失感が今になって出てきた、とか?

      1. かおる より:

        返信ありがとうございます。本当のところは私にもわからないんです…なんで今こうなったのか、なにが原因なのか…ただ、私は別にその自殺の件やいじめが原因かは置いといてそのせいにするつもりはありません。どんな理由であれ生きてる人はいるので。ただ、その中できちんと生きてる人もいるのに生きれなくなった自分に呆れているのです。なんで人と同じように生きることを当たり前のこととして人生を選択できないのか。同い年で同じ受験生なのに私だけどこか遠く深く沈んでいるような感覚が抜けないのです。

        1. 山田ユウキ より:

          >きちんと生きてる人もいるのに生きれなくなった自分に呆れている
          きちんと生きてるフリをしているだけ、って人も多いものですよ。
          この記事のコメント欄を見ればお分かりいただけるかと。
          なにも自分がおかしいと思う必要なんてありません。
          むしろ、ぼくからすれば何の疑問もなく生きている人の方が変じゃないかと思います。

  3. 匿名希望 より:

    大学生です
    よく自殺未遂未遂くらいのことしてました。今も妄想で腹に包丁さしたり首吊ったりなんやかんや…
    何をしても満たされなくて
    ゲームとか動画とかなんとなくやることもあるけどなんだか違くて
    生きていたくないけど自分で死ぬ勇気もなくて
    ボタン一つで自分を消せればいいのに…
    精神科とか通ったところでなんの解決にもならなくて
    死ねないから生きてる毎日
    みんなはどうして生きているのか?今が楽しい?未来に期待があるの?
    僕には何もない…人生伸ばすだけ苦しみが増える。死ぬ一瞬の苦しみの方がラクだろうと
    存在意義を求めて、自傷をしないようにという意味もあり、献血に通う。貧血で献血できないとなった時は何のために食事するのかわからなくなった。
    自分が存在するだけで誰かに迷惑がかかる。だけど死んでもダメ。
    人生ってなんでしょうね?
    長々すいません。初めて自分と同じ状態の人に出会った気がしました

    1. 山田ユウキ より:

      あぁ~、完全に昔のぼくと同じですね。
      大学生なら今のうちにメンタル治しちゃった方がお得です。
      ぜひパレオダイエットの記事を見てください!

  4. ゆうな より:

    今高校生です。とても共感しました。自分が考えてモヤモヤしていたものを全て言葉にしてもらった感じです。
    私は中学受験をしたおかげで小学生の頃からなんでも上手くいっていました。勉強もできました。友達からも先生からも信頼されていました。
    中学の頃は受験が終わった開放感から全力で遊び、全力で行事に取り組み、全力で日々を楽しんでいました。
    高校に入って、大学受験を考え出して勉強しないと、と思ったときに、いくら努力しても上の下程度にしかなりませんでした。小学生の頃はあんなに簡単に上手くいっていたのに、今はそうはいかない。人並みよりはいい自信があります。でも、完璧を求めてしまいます。全部のことを完璧にこなすなんて無理に決まっているのに、分かっているのに、完璧に出来ない自分が嫌になります。もうなんのために勉強してるのか、なんのために大学に行きたいのか、分かりません。とにかく疲れました。完璧になれない自分に、不完全を許せない自分に、生きている自分に。
    積極的に生きようと思いません。今日生きてるから明日も生きる、でも明日死んでも別にいい。苦しまずに死ねるなら、今すぐにでも死にたい。けど、実際は苦しそうだから積極的に死のうとも思いません。
    なにもかもにやる気を失いました。疲れました。ただ今を繰り返すだけの未来に、希望が持てません。

    1. 山田ユウキ より:

      ゆうなさんは周りの求める「私」になることが生きる意味、と考えているように感じました。
      もっと自分勝手になって良いと思います。
      何か趣味はありますか? 楽しいと思えることが見つかればそのメンタルは改善するのではないかと思いました。

  5. さとこ より:

    大学を浪人してからそういう風に思うことが多くなりました。
    一応合格して通っているけど、、
    合格まで何もかもを犠牲にして2年間睡眠と食事など最低限の生活以外全てをその分野に注いだけれど、第一希望には合格できなかった。
    でもまぁそこはどうでもいいけど、その時の生活の疲れかなって思っていた。
    高校の時から私1人いなくなったところでちょっと悲しむ人はいてくれたとしても別にクラスは回っていくし社会も回っていくわけで、私はなんのために生きてるんかな、って。そういえばその頃から何かしら思っていた。
    側から見れば小さい頃からやっている事にがむしゃらに頑張っていて、いつも明るい人、とにかく明るい人、面白い人、と思われているようだけど、実際心の中は投稿者さんと同じ気持ちで、、、
    自殺したいわけじゃないけど、別に今死んでも後悔はないなぁって、、、
    カッコいいような、人生後悔しないように生きてるわけではなく、ただただこの後の長い寿命まで頑張れる自信がない。
    税金はらって、生活費払って、、、自分が生きるために最低限のお金を稼ぐために働いてそしてその息抜きで楽しんで、そういうサイクルを繰り返していける自信がない。
    そしてもう疲れた。
    でも毎日が楽しくないわけじゃないし、家庭も恵まれてる方だし、一応将来の夢もあったりする。
    このよく分からない気持ちで、日々モヤモヤしていたらこのサイトに行き着いた。
    自分だけじゃなかったんだ、っていう安心感と、ああ、結局生きるしかないんだっていう疲れと、、、ずっとそのサイクル、、、
    そしてコメントを見て思ったのは意外と大学に行っていたり、家庭は恵まれてる、と自称思っている人が多いな、と。
    別に世間と比較してるわけではなく、私的には、ただ、不満がない訳ではないけど少ないから幸せじゃないわけじゃないんだけど、、、
    といういわゆる贅沢病なのかなぁ?とか。
    でもいっそのこと悲劇のヒロインみたいになった方が気持ち落ち着くんじゃないかな、と思ったり、、
    文章まとまりがなくて申し訳ないです、、、

    こんなコメントしておいて共感してんの?という感じですが、とても共感したので、私の感じていることも書かせて頂きました。

    1. 山田ユウキ より:

      吐き出すだけでもいくらか楽になるものですからね!
      そのコメントもきっと他の人の助けになると思います。

  6. 田中太郎 より:

     私も最近就活の時期になって、というか就活になるとこうなるとは思っていました。死にたくはないけど、生きたくもないと。生きる目的がないのにお金を稼ぐためにどう努力すればいいのだろうと。全て自分がしなければならないことから逃げてきた結果と言われればそうですが、それにも原因があるに違いないと思ったので考えをまとめるためにもブログに自分が思っていることを書いてみました。そして書いている内にある意味自分がこうなっている状況にあるのは家庭環境にあり親の影響も多大にあるのではないかと考えました。毒親やアダルトチルドレンのような親に問題があるせいで子供にまで影響を与えているということです。
     周りの人はなぜ生きたくないのかがわからないとう人が多く。(そもそもわかろうとすらしない人)そしてネットで調べてみても死にたい、生きたくない、うつは逃げとか書かれているのを見るとやはり理解してくれる人はいないのだなと余計に生きたくなくなります。
     今回偶然ここへたどり着き、自分に近い人がいるという安心感が出ました。
    私も人のせいにしてみるまでは家庭環境はまだ恵まれている方だと思っていましたが、こうなる原因を考えてみると家庭環境しか思い当たらないというのも事実でした。
     極論なのですが、生まれた家庭、育つ環境によってその人は全て決まると思うとなんだか自分の人生って生まれてきただけ損に思えてくるんですよね。
     ちなみに心療内科や精神科にはまだ行ってませんが、うつじゃないと診断されなかったらそれはそれで怖いので笑。

    1. 山田ユウキ より:

      あなたの場合、アドラー心理学が救いになる気がします。
      「嫌われる勇気」とかご存知でしょうか。これもアドラー心理学がベースの内容です。
      一時期結構話題になったので、本屋に行けばすぐに本が見つかると思います。
      よかったら探してみてください。

  7. いーちゃん より:

    初めまして。
    双極性障害Ⅱ型を患うものです。
    こんな生活が一生続くのに、生きることがそんなに大事かな?何の意味があるのかわかりません。本格的に社会復帰してやっと1年ほど…波はあるものの症状としては軽い方みたいで、手帳は交付されてるけど、手当てとかないし、でも体調悪ければ仕事に行けないからその分は給料カットだし…。生活苦で、早く死んだ方がいいと思っています。親も友達と思っている人も、病気について深くは理解してもらえてなくて…頼れる人もいません。生きたくないです。

    1. 山田ユウキ より:

      その様子だと会社の人にも理解は得られていないのでしょうか……。
      心の病気についての理解は少しずつ広まっているものの、まだまだ分かってくれる人は少ないですよね。

  8. ここ より:

    体が砂のようにサラサラと消えたらいいのになぁと思います。保育園の頃から死を意識し始め、なんのために生きているのか、これから先もこんな人生続くのか…とか考えてしまいます。
    自分なりに人生を楽しめばいいとは思うのですが、自分のことを1番に考えることもできず苦しいです。

    1. 山田ユウキ より:

      保育園とは早いですね、今が何歳なのか分かりませんが……。
      >自分のことを1番に考えることもできず
      子供がいる、とかそういうことですかね?

  9. より:

    ほぼ同じです。全く生きたくないです。ある人に死にたいと言ったら、お前は死にたいと言う割に死ぬ努力をしてないと言われました。確かになと。実際に死ぬことをイメージすると、痛いとか怖いが出てきて、死は嫌ってなる。つまり死にたくない。それは生きたいと言っているのと同じであるっていうことにたどり着いたんですよね。それでも、実際は生きたくないんです。生もいや死もいや。この世界が地獄と言われている世界であると確信しました。日本語むちゃくちゃですいません。

    1. 山田ユウキ より:

      「死にたくない=生きたい」は間違っていると思います。あなたは大学生かと思いますので、その前提で説明しますね。
      まず数学Aでやった集合を思い出してください。これでいうと人間の状態ってのは「生」と「死」という2つの要素しかないわけですから、「生」でないなら「死」、「死」でないなら「生」になるわけです。
      しかし、生きたいか死にたいかって話をするなら事情が変わります。「生きたい」の補集合は「死にたい」ではないし、「死にたい」の補集合も「生きたい」ではありません。なぜなら「生きたくもないし死にたくもない」という要素があるからです。多分あなたはこの状態なのでしょう。他にたくさんのコメントがあるように、それは別に変なことではありません。誰も口に出さないだけで普通なことです。

      >この世界が地獄と言われている世界であると確信しました。
      これは完全に仏教の考え方ですね。倫理でやったかもしれませんが、原始仏教について調べてみてはいかがでしょうか。何か気づきがあるかもしれません。

      >日本語むちゃくちゃですいません。
      自分への自信のなさがうかがえる一文ですね……。
      むしろ読みやすいと感じましたよ。そもそも他人のブログにこうして200文字以上コメントできる時点で優れた文章力の持ち主だと言えます。

  10. あお より:

    自分も同じに近いです。
    死にたいというよりは生きたくない。
    生きる理由がわからない。
    周りからしたら、死にたいかもしれないが、死ぬ勇気はない。
    精神科にも行きました。
    自分も全く同じで鬱病と診断はされませんでした。
    もちろんいまも、生きたくないです。

    1. 山田ユウキ より:

      これまでたくさんのコメントをいただいていますが、実際に精神科に行きうつ病と診断されなかったという方は初めてです。
      できればもう少し話を聞いてみたいです……。

  11. みお より:

    最近ずっと考えていたことが自分が書いたのかと思うくらい分かりやすく纏められていてすっきりしました。わけも分からず涙が止まらなくなってしまいました。
    私は今高校生です。あの大学に行きたい!とか目標を持って生活している周りがすごくキラキラして見えます。いじめられているわけでもないし成績もまあまあだし、何かが特別悪いわけじゃないのになんでこんなこと考えちゃうんだろうって思います。好きなものもあるし家族も友達も好きなのに、こう思ってしまう自分が分からなくてそれでもっと不安になってるのかもしれないです。「高校生が一番楽しい」とか言われるとさらにこの先に希望なんてないな〜といつも思ってます。
    でもこの記事に出会えて少し安心しました。乱文ごめんなさい。お互い無理しない程度に生きていけたらいいですね。

    1. 山田ユウキ より:

      >あの大学に行きたい!とか目標を持って生活している周りがすごくキラキラして見えます。いじめられているわけでもないし成績もまあまあだし、何かが特別悪いわけじゃない
      >「高校生が一番楽しい」とか言われるとさらにこの先に希望なんてないな〜
      これ、自分が高校生のときと完全に同じ考え方です。

      ただ「高校生が一番楽しい」ってのは一般論としてよく使われがちですが、嘘です。
      大人になった今が一番楽しいって人は意外と少なくありません。
      で、そういう人たちはほぼ間違いなく何かに対して熱中したり夢中になったりしています。

      生きる価値を感じるってのはそういうことなんじゃないかと思うんですよね。
      だから自分も何か熱中できることを見つけたい、みたいな。

  12. みっくん より:

    すごい、、、
    全く同じ思いを語っていましたから思わず笑ってしまいましたよ。。
    こんな風に思ってる人がたくさんいて、毎日のようにここにアクセスあるんですね。。
    すこしだけ気が楽になったかもしれません、ありがとうございます。
    ここに書き込んでる人たちが集まったらすごいことが出来そうですね~。。
    もちろん主さんも含んでおりますよ!

    1. 山田ユウキ より:

      ブログを書いてもコメントを書かれることってほとんどないんですよね。
      にも関わらず、この記事にはこれだけコメントが書かれている。
      つまり、それだけたくさんの人が同じ思いを抱えているということ。

      「自分と同じ人が他にもいると知って気が楽になった」とコメントしてもらうたびに書いて良かったなと思います。

  13. りり より:

    こんにちは。
    「特に理由はないけど死にたい」と検索し、たどり着きました。
    なんとなく高校時代にやりたいなと思った職業のために大学に行き学んでいる大学生です。
    今は辞める理由もないし、行くしかないから大学に行っている状態で、この先の自分の未来などどうだっていいし、いつ死んでもいいと思っています。
    今の実習も辛いしきっと働いてからも苦しいことが多いと思うのです。
    だったらこの先、頑張ってまでして生きている目的もないのかなと思ってしまいます。
    生きたかったのに死んでしまったという話を聞くと私だったらよかったのにと思います。
    勿体ないからこの命を生きたいのに生きれない人にあげれたらいいなと思います。
    コメントも多く、同じような考え方の人がいるのを知れてよかったです。
    ありがとうございました。
    長文、乱文失礼いたしました。

    1. 山田ユウキ より:

      少しでも救いになったのであれば幸いです!

  14. りの より:

    私も共感しました。
    別に死にたいとは思わないし
    楽しい、嬉しいと感じることはあるけれどふとした瞬間に疲れたと感じます。
    毎日淡々と過ぎていくようで
    自分はいなくてもいいのではないか
    自分が何のために生まれたのか
    何をしたいのかよくわかりません。
    生きたくても生きれない人に私の寿命を分けてあげられるならそうしたいし、今事故や事件に巻き込まれて死ぬとなっても嫌なのは痛みが伴うことだけでもっとやりたいことがあったのにとか人生に対する後悔はありません。
    裕福ではないけど生活に困ることなく
    両親からの虐待とかあるわけでもないし、大学にも行かせてもらって、就職もでき、周りの人にも恵まれ、自分が不幸とは思わないのですが
    なぜか生きたいという生への執着がないのです。こんなの贅沢な悩みなのでしょうね。
    こんなこと重いと思われるのが嫌で周りに話せず、自分だけなのかと思っていたので、他にもいらっしゃるとわかりほっとしました。

    1. 山田ユウキ より:

      >今事故や事件に巻き込まれて死ぬとなっても嫌なのは痛みが伴うこと
      そうそう、それなんですよね。
      死が怖いってわけじゃなくて痛みが怖い。

      >こんなの贅沢な悩みなのでしょうね。
      他のコメントへの返信にも書きましたが、贅沢だと思うのはソイツの問題なので気にする必要はないと思います。
      極端な例えをするなら日本に生まれた私たちが「アフリカにはご飯を満足に食べられない子供がいるんだよ」なんて言われても、自分は恵まれてるなんて思えない。
      自分がおかしいなんて思う必要なんてないんです。

  15. より:

    私も、死ぬのは
    痛そうだから怖いけど
    生きる方がもっと怖くて
    生きたくない
    って思っています。
    生きたくても
    生きられない人だっているのに
    何でこんな事思っちゃうんだろ
    って
    贅沢なのかな
    って考えては自己嫌悪に陥り、
    こんな自分
    嫌だなって感じていたけど
    同じような考えの人が
    こんなにいて
    なんだか勇気が持てた気がします。
    長文失礼しました。

    1. 山田ユウキ より:

      他人は他人、自分は自分だと思うんですよね。たしかに「生きたくない」なんて言うと「生きたくても生きられない人が~」って人が現れますけど、それはソイツの問題であって自分の問題じゃないから……と思います。
      実際、これって考えだすとキリがないんですよ。お腹いっぱいで食べられないと言えば「アフリカの子供は~」って言うヤツが現れますし、学校に行きたくないと言えば「通いたくても通えない子が~」って言うヤツが現れます。他人がどう思おうと自分はこう思う!でいいんじゃないかと。

  16. むーこ より:

    昨日ある人に「生きたくない」と言ったら「卑怯」だと言われて落ち込み、「生きたくない 卑怯」で検索してここに辿り着きました。
    私も今すぐ死にたいわけじゃないけど、今人生が終わっても別にいいかなと思いながら生きてます。
    決して死にたいという風に言ったわけじゃないんですけど・・・
    自分でダメ人間なのは分かってるんですけど、それを他人に改めて言われると更に自分はダメだと思ってしまい苦しかったです。
    でも、そんな思いを持ちながら生きている人が自分以外にもいるんだと分かって心が少し落ち着きました。
    このブログに辿り着いてよかったです。
    ありがとうございました。

    1. 山田ユウキ より:

      ぼくもこの記事を書きコメントをもらって分かったことですが、「生きたくない」という感覚を持っていることはそこまで異常なわけではありません。
      なにせこの記事は「生きたくない」という検索ワードから毎月1,000人以上に読まれているくらいです。

      ダメ人間なんて言われても関係ないですよ。
      「お前はそんなに偉いのか」と思っておけばいいんです。

  17. まきまき より:

    死にたいではなく、生きたくない。
    まさにそれです。
    特別やりたいこともないし、楽しいことより苦しく不安になっている時間の方が多くてしんどいです。
    オランダは在住者なら保険適用で安楽死できるとか。
    うらやましい限りです。

    1. 山田ユウキ より:

      軽く調べてみましたが、いくつか条件はあるみたいですね。
      別に安楽死じゃなくとも「生きる楽しみを取り戻す方法」みたいのが確立されていればいいんですが……。

  18. そい より:

    生きたくない、で検索してたどり着きました。生きるための能力を学ばなかったのでは、何かが欠けた人間なのではと感じ怯えて暮らしています。
    コメントでの共感が多いことに少し安心しております。発信ありがとうございます。

    1. 山田ユウキ より:

      言わないだけで、そう考えている人は少なくないのでしょう。
      炎上を恐れずにテレビなどでハッキリ言える人がいればいいんでしょうが……。
      まぁ、そもそもそんな人は有名人にならないんでしょうかね。

  19. しんのすけ より:

    わかりみが深いなあ

    自分が書いたのかと思いました。

    ゲームに熱あげて、プログラミングに打ち込む。

    死にたいわけじゃないんだけど、生きているのも面倒なんですよね。

    いろいろ楽しいと思う瞬間はあっても、少しでも苦しいことがあればそのほうが圧倒的に強く印象に残りすぎて、基本的にはつらい気分です。
    うまいワイン飲みながら、気の置けない友達と話しているときは楽しさに浸っていても、友達が去った後には週明けの仕事のことを考えては憂鬱な気分になります。

    つらい気持ちは積み重なるのに、楽しい気持ちはすぐに通り過ぎてゆくので、いずれは生きたくないが明確に死にたいに変わるんだろうなぁくらいに思っています。

    ベルギー安楽死ツアーに参加するのもいいのかなとも思います

    なんだか支離滅裂なコメントですが、申し訳ないです。

    1. 山田ユウキ より:

      考えすぎるとよく分からなくなってきます。

      >つらい気持ちは積み重なるのに、楽しい気持ちはすぐに通り過ぎてゆく
      これが多分一般的には逆なんでしょうね。
      脳科学とかで何とかならないもんでしょうか……。

  20. 学ぶ男 より:

    自分も無理して幸せに生きようとか考えるより、マイペースにダラダラ生きて適当な年齢で死にたいと考えています。
    でも周りの大人達はそんな生き方を勿体ない人生、底辺の人生と言ったり、若い内は色々な事を経験するべきと言ってくるので自分の価値観は普通じゃないんだなと日々考え込んでいます。
    もういっそ「お前はこの世に必要とされてねえ人間なんだよ!」と切り捨てられた方が楽に生きられるんじゃないかと思うようになりました。
    誰かに必要とされたり期待されるからこそ生きることが面倒に感じます。

    1. 山田ユウキ より:

      ここのコメントでもお分かりいただける通り、意外と似たような考えを持っている人は多いものです。
      それが少しでも救いになればいいなと思います。

  21. y より:

    共感します。
    別に死にたくはない。痛みは伴いたくないから。でもこのまま誰の記憶にも残らず消えてしまえるのなら、そうしてほしい。
    生きたくても明日を生きられない人に、分けれるものなら分けたい。
    幼少期のトラウマやいじめがあった訳でもないのに、人には話せない。
    いつからこんなこと思いだしたっけ…。
    筆者さんの言葉、皆さんのコメントが日々自分が感じていることそのものでした。

    こんなことを思う自分がおかしいのか?みんな隠して生きてるの?苦しくないの?こんなのが一生続くの?

    いい歳してこんな感情にのまれそうになる自分も嫌です。が、死ぬまでは生きていくしかないんですよね…。
    勝手に私の気持ちをつらつらと吐き出して申し訳ありません(・ω・`;)
    乱文失礼しました。

    1. 山田ユウキ より:

      自分も「こんなこと考える人なんているのかなぁ」なんて思っていたんですが、意外とたくさんいることに驚きました。
      まぁ、なかなかリアルで話せることじゃないですもんね。
      「何言ってんだお前」って反応されるのが目に見えていますし。

  22. ss より:

    共感しました。
    私も生きる目標というか、やりたいこともなにもなくただ同じ毎日を送っています。
    でも意識はあるので心だけが疲れていくんですよね…。

    生きるために金が必要だから一日の大半の時間(寿命)を使って嫌々働く、そうやって稼いだ金で暮らして生きる
    そのサイクルも馬鹿馬鹿しく感じるレベルです。
    それならばいっそ生きるのをやめたほうが合理的なのではと思います。
    長々と失礼しました。

    1. 山田ユウキ より:

      >生きるために金が必要だから一日の大半の時間(寿命)を使って嫌々働く、そうやって稼いだ金で暮らして生きる
      よく分かります。「社会の歯車」なんて言葉がありますがまさにそんな感じですよね。
      回り続けているだけで歯車自身にはなんの変化もない、みたいな。いっそ心すらなくなれば楽なんですが。

  23. m より:

    こんばんは、共感したので返信させていただきます。
    本当にライターさんのおっしゃる通り、別に生きたいわけでも死にたいわけでもないんです。ただ目的がなく漂っているような。。
    私は今学生で自称進学校に通っていて、周りには自分の夢・やりたいことのために勉強して良い大学にいくんだ、と言われます。実際クラスメイトも医者になりたいなどと強い意志を持って勉学に励んでいます。しかし、私は元々勉強に楽しいと思ったことが1秒たりともなく、将来やりたいこともありません。いや、美味しいものを食べられたらいいなーっなどの小さな希望はありますが、それの為に何かするかと言われたらしません。勉強は私にとってつまらなくただの苦痛であり、苦痛を乗り越えてまで何かをしたいと思ったことはない。目的のない人生を苦痛を味わいながら生きるなら死んだ方がいいのかなーなんて。
    こんな無意味な人生、誰かにあげられたらなーっと思うのですがそれは叶わず、周りに迷惑をかけず死んでいけたらなーと。事故にでもあえたら都合いいのにっと思っています。
    趣旨違ったらすみません!

    1. 山田ユウキ より:

      とてもよく分かりますよ!立場が違えど考えていることはぼくと同じだと思います。
      自分の意志で何かに取り組んでる人ってすごいですよね……。
      ただ最近「彼らは本当に自分の意志でそれをやりたいと思っているのか?」なんて考えたりします。
      ただ周りの環境に流されているだけなのでは?みたいな。哲学的ゾンビみたいな話ですね。

  24. さなえ より:

    正しく私も今このような状態です。打ち込むものも特にない、生きる意味も価値もない、誰かに必要とされてるわけでもない、生き続けたところでなにも残らない。だったら別に死んでもいいんじゃないかって。何でみんないきるのに必死なのかわからない。
    こんなの普通じゃないのが自分でもわかるので病気なんじゃないか心療内科行った方がいいのではないか悩んでいました。もちろんこんなこと友達にも親にも彼氏にも言えない。[生きたくない、死ねたらいいのに]なんて誰も共感してくれないし理解してくれないと思ってました。
    まさか自分と同じ人がいると思わず、これを読んで少し楽になりました。ありがとうございます。

    1. 山田ユウキ より:

      >生き続けたところでなにも残らない
      >何でみんないきるのに必死なのかわからない。
      これすごく共感します。なんというか……みんな生きることを前提に行動してますよね。
      失敗から這い上がった人のサクセスストーリーとか見ると「自分には無理だなぁ、たぶん死ぬな」って思います。
      それと、他にもいくつかコメントがついていることからもお分かりいただけるように、こういった考えを持っている方は決して少なくないようです。
      まぁ、人前で堂々と話す内容じゃないですからね。

      1. さなえ より:

        >みんな生きることを前提に行動してますよね。
        そうなんですよね。そして生きることを充実させようと必死じゃないですか。旅行にいったり美味しいもの食べたりインスタ栄えがどうのとか。楽しんでいるのはわかるのですが、楽しむためにはお金がいるし、そのために働いて、、、楽しいことは疲れます。私は生きてることさえめんどくさいのに、さらに充実するために行動する労力を考えるだけでお腹一杯です。
        私にはトラウマになるような、人間関係や家庭環境などはなく、ごくごく普通の人生を送ってきました。なのになぜこのような考えになったか…笑
        でも同じような考えを持っている人が少なくないと言うのは安心します(´- `*)

        1. 山田ユウキ より:

          >私にはトラウマになるような、人間関係や家庭環境などはなく、ごくごく普通の人生を送ってきました。
          ぼくも同じです。
          これがより一層人に言いにくい原因なんですよね。リアルでこんなこと言っても甘えだとしか思われませんし。
          同情を得られないのがさらに息苦しく感じる原因になっている気がします。

  25. かおる より:

    うん、わかります。
    軽率な同意は時に人を傷つけますから、不愉快に思ったらすみません。
    ほかの人間とちゃんと向き合えて、ちゃんと好きになって家庭を持って、自分以外の他人としっかり生きられるような、そんな人間になれたらなぁと思います。
    生きたくても生きられない人は、その可能性を大いに秘めていると思います。そんな人こそ私のように五体満足で恵まれた環境下で生きるべきなのになーと思います。
    いきなりごめんなさい。でもお話してみたくて。
    わたしは自殺を試す勇気もありませんけど、安楽死施設があったら行ってみたいな。全部の臓器提供してから…

    1. 山田ユウキ より:

      いやいや、不愉快だなんてとんでもない。
      読んだ人が欠片ほどでも同意してくれたらいいな、という気持ちで書いたものですし、コメントがもらえて嬉しく思っています。

      >ほかの人間とちゃんと向き合えて、ちゃんと好きになって家庭を持って、自分以外の他人としっかり生きられるような、そんな人間になれたらなぁと思います。
      このコメントを見る限り、かおるさんは「人は他者と交わることで充実した生き方になる」という考えなのでしょうか。
      自分本位に生きてみるって発想はありませんか?それともすでに考えた上で「やっぱり違う」となったのか……。

      1. かおる より:

        とても興味深かったのでまた返信させていただきます。
        >>「人は他者と交わることで充実した生き方になる」
        生きていると、人間のあり方としてそれが正しいと言われているような気分になってしまうんですよね。コミュニケーションが得意な人ほど生きていくのも上手な世の中な気がして。
        人は誰しも 大なり小なり自分本位に生きていると思います。それを自覚してるかしていないか、あるいは自覚した上でそれを「申し訳ない」と思ってしまうか…。私にとっての自分本位は、深く人と交わらず生きることなのですが、でもそれって今の人間社会の中ではどう思われるんだろうって。それが「そこまで生きたくない」という発想に繋がってしまうのかも知れませんね。
        赤の他人からの乱文申し訳ないです。貴重な意見が見れてすこし嬉しかったです。

        1. 山田ユウキ より:

          コミュニケーションが得意な人ほど生きやすいってのは間違いないですね。人間は社会的動物だって言葉もあるくらいですし。
          かおるさんはやっぱり他者の存在が生きる意味とか生き方に大きな影響を与えているんですね。
          ぼくはあんまり周りの目とか他者の存在とか気にならないですねぇ……。世界に1人だけになっても別に問題ないという感覚です。まぁ病気とか怖いってのはありますけど。
          乱文雑文大歓迎です!なんならプロフィールにメールアドレスも載せていますし、また何かあればいつでもどうぞ!

  26. ちひろ より:

    私もそのタイプです。
    友達と居て楽しいし、美味しいもの食べて美味しいって感じるけど…。
    生きがいとか、人生って素晴らしい!とか思ったことないです。

    もっと生きたい人いるだろうなって思う。そんな人に私の余命あげれたら良いのにとか思います。

    1. 山田ユウキ より:

      共感してくれる人がいて嬉しいです。

      >そんな人に私の余命あげれたら良いのにとか思います。
      これよく分かります。

      ただ、リアルで口にすると間違いなく「コイツ大丈夫か?」って思われますよね。
      言わないだけで実は同じように思っている人は結構いる気がするんですが。

コメントを残す