ジョギングだけで3kg痩せることに成功した話

世の中にはたくさんのダイエット方法が出回っているわけですが、今も消えずに残っているものがあります。

そのうちの一つがジョギング。

これまでもジョギングに挑戦しては失敗し、本当に走っていれば痩せるの? と思っている方もいるでしょう。

 

たしかにジョギングは痩せます。

ただしそれは一定期間続けることができればの話。

どうすれば継続できるのか? どのくらい走れば痩せるのか? など、今回はぼくがジョギング“だけ”で3kg痩せたときの話をします。

ダイエット方法にジョギングを選んだ理由

ぼくがジョギングでのダイエットに挑戦したのは大学生のとき。

年齢でいうと20歳くらいだったと思います。

当時の身長は約170cm、体重は65kgでした。

 

当時のぼくは某飲食店でバイトをしており、仕事の後に余ったケーキとかパンを食べていたんですよね。

そのせいか少しずつ体重が増えていき、さすがにそろそろ痩せなきゃなと思ったのがダイエットを始めたきっかけです。

 

ぼくはダイエットといえば運動というイメージがありました。

というのもぼくは中学・高校時代に剣道をしていたんです。

そのときはかなり……というほどではありませんがまぁまぁ痩せていたので、とにかく体を動かしさえすれば良いと思ったわけです。

さすがに引退してしばらく経つし、痩せるためだけに剣道を再開するのもなぁと思ったのでジョギングを選びました。

スロージョギングというダイエット方法

当時は大学生で時間があったので、毎日7kmのジョギングをしていました。

 

え? そんなん無理?

 

たしかに普段運動していない方であればそう思うのも仕方がありません。

が、実はそうでもないのです。

スロージョギングという方法であれば。

スロージョギングとは?

スロージョギングとはその名の通り、普通のジョギングよりも遅いスピードで走る運動です。

 

走るのがキツイと思っている人は中学・高校時代の体育で行っていた長距離走のようなイメージがあるのではないでしょうか?

成績や周りの目があることもあり、自分のペースでゆったり走っていたという方は少ないのではないかと思います。

 

しかし記録を意識して長距離を走れば辛いのは当然。

このイメージが「ジョギング=辛いもの」というイメージにつながっているのです。

 

スロージョギングは「まったく息切れをせず、平気で会話できるくらい」で行います。

これなら早歩きの方が早いんじゃね? というくらいで大丈夫です。

 

もっと詳しく知りたいという方は以下の動画を見てください。

スロージョグを楽しもう!

スロージョグを楽しもう!

 

マラソン大会を目指しているなら話は別ですが、単に痩せるのが目的なら早く走る必要はありません。

そもそもジョギングが続かないのは辛いと思ってしまうから。

少しでも辛いと思ってしまうと続きません。

「こんなん楽勝じゃん! もっと早く走ってみるか!」と思うくらいが目安です。

それ以上スピードを上げないでください。

実はウォーキングもジョギングも大した違いはない

かなり太り気味、という方は脚に負担の少ないウォーキングから始めましょう。

無理にジョギングをすると膝やかかとを痛めてしまいます。

 

でもウォーキングはあまり効果がないんじゃ? と思った方。

心配ありません。

 

中学の理科の授業を思い出してみましょう。

物を動かすときのエネルギーは力の大きさ×動かした距離で計算されます。

これをジョギング・ウォーキングに当てはめて考えると、

  • 物を動かすときのエネルギー→消費カロリー
  • 力の大きさ→体重
  • 動かした距離→走った・歩いた距離

となります。

 

そう、スピードは関係ないんです。

 

たしかに歩く動きより走る動きのほうが大きいので、ウォーキングよりジョギングの方が消費カロリーは大きいです。

しかしそれは微々たる違い。

誤差だと考えても問題ありません。

 

ただ、やはりウォーキングでジョギングと同じ距離を歩くには時間がかかりますから、脚が慣れてくればスロージョギングに切り替えた方が良いでしょう。

もちろん辛いと思うようなら無理せずウォーキングに戻してください。

ジョギングの消費カロリーについて

先ほどぼくは毎日7km走っていたと書きました。

そんなに走る必要があるの? と思うかもしれませんが、それはジョギングの消費カロリーがさほど多くないからです。

 

65kg男性の場合、7km走って消費するカロリーは450kcal。

脂肪を1kg燃やすために必要はカロリーは7,200kcalと言われているので、この場合は16日で1kg、1ヶ月あたり2kgずつ減る計算になります。

 

どのくらい走ればどのくらいのカロリーを消費するのか知りたい方は以下の式で計算してみましょう。

消費カロリー(kcal)=体重(kg)×走った・歩いた距離(km)

もちろん食べるものも影響しますので、必ずこの計算通りに体重が減っていくとは限りません。

ぼくはバイトでつまみ食いをしていたこともあり、1ヶ月あたり1kg~1.5kgくらいのペースで減っていきました。

一時的なダイエットでは根本的な解決にならない

ジョギングは間違いなくダイエットに効果があります。

 

しかしジョギングを止めるとまた太りだしてしまうのがデメリット。

いくらスロージョギングが楽なものとはいえ、ずっと続けるのは難しい方が多いはず。

ちょっと仕事や勉強で忙しい、となったら習慣が途切れてしまいますよね。

ぼくもいったんはジョギングで痩せたものの、止めてからはまたすぐに太ってしまいました。

 

理由は簡単、本当に大事なのは運動ではなく食事だったからです。

 

実はこの後また別のダイエットに挑戦し、10kg痩せることに成功しました。

リバウンドすることもなく、今もこの痩せた体を保てています。

【ビフォーアフター写真あり】10kgのダイエットに金を使う必要はない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。