確定申告とかよく分からないけど、とりあえず税務署行ってみた

スポンサーリンク

生まれて初めての確定申告に行ってきました。

 

確定申告のやり方なんて学校で習ったり誰かに教えてもらうわけでもないし、どうやればいいかさっぱりだったんですよね。

税務署から確定申告に必要な資料が送られてはいたんですけど、量も多いし文字も細かいしでどうもできる気がしない……。

 

ってことで何も分からないままとりあえず税務署に行ってきました。

いざ行ってみるとすごく簡単だったので、資料を前にしてウンウン唸ってるくらいなら税務署で相談した方がいいですよ。

確定申告の際に持って行った方が良いもの

とりあえず以下のものを用意して税務署に行けば、会場にいるおっちゃんorおばちゃんが何とかしてくれるぞ!

  • 収入と支出が分かるもの
  • 判子
  • 身分証明書(運転免許証でOK)
  • マイナンバーカード(なくても何とかなる)

収入と支出が分かるもの

さすがにこれがないと話にならないってのは分かっていたので事前に整理しておきました。

といっても用意したのはエクセルで作成した収入の記録と国民健康保険の控え。

あと2月までは会社員だったので源泉徴収票ですね。

 

後から知ったのですが、国民年金の控えも控除の対象になる(簡単に言うとお得になる)とのこと。

ぼくの場合はあってもなくても変わらないんで損にはなってないはず。

 

とりあえず前年の1月から12月の間で動いたお金について何か分かるものがあるといいよって感じです。

そしてできればエクセルなり手書きなりで表を作っておいた方がいいでしょう。

なくても何とかなるっちゃなると思うんですけど、税務署に行ってから計算するのはめんどくさいですから。

それと資料は提出しなければいけないことがあるのでコピーを取っておきましょう。

判子と身分証明書

これは説明不要ですね。

マイナンバーカード

なくてもいい。

 

会場にあった確定申告のポスターに「マイナンバーカードが必要です!」みたいなことが書いてあったんで、「やべぇ、持ってきてないけど追い返されたりしないかな」なんて思ったんですが別に問題ありませんでした。

「今度から持ってきてくださいね~」と言われるだけ。

 

確定申告以外にもマイナンバーカードを求められることってちょいちょいありますけど、大抵なくても何とかなるんですよね。

これ本当に活用されてるのか……?

 

とはいえ今はなくても大丈夫というだけで、今後は必須になるかもしれませんしね。

一応用意はしておきましょう。

実際に税務署に行ってみた感想

確定申告は2月15日から3月15日までですが、3月になってからは混みあうことが多いそうです。

ぼくが税務署に行ったのは3月2日。

天気が悪かったので今日は混んでいないかな~と思っていたのですが、それなりに混んでいたように感じます。

その日税務署にいた人はほとんどが確定申告しに来た人だったので、逆に安心しました。

 

今この文章を読んでいる方の中には初めての確定申告で緊張するって人もいるかと思います。

でも安心してください。

税務署の中にいる職員に「確定申告しにきたんですけど……」と伝えれば、後は指示に従っていくだけです。

 

「こっちへ進んでくださ~い」

「この紙を受け取ってくださ~い」

「名前と住所を書いてくださ~い」

「じゃあ次はここで待っていてくださ~い」

 

まるでベルトコンベアに乗せられているようだ……。

 

もちろん分からないときは分からないと言えばOK。

資料を作成するときは税理士(?)のおっちゃんとマンツーマンで進めていったんですが、ぼくは最初に「なんかよく分からないんでとりあえず税務署に行けばいいかなと思って」と伝えました。

嫌な顔をされたりするのかななんて思ったのですが、全然そんなことはなく、めちゃくちゃ丁寧に対応してくれました。

質問は「どんな仕事?」とか「プリンタとか使ってる?」とか。

気づけば資料ができあがって「次はあっちに行ってね~」と言われる。

 

その後もただ指示に従う、質問に答える、と対応していけばいつの間にか終了。

確定申告ってめちゃくちゃ難しいイメージがあったんですけどね。

どうしようどうしよう、なんて悩んでいるならとりあえず税務署に行くといいですよ。

一度やったから言えることですけど、後回しにするほど面倒なことじゃないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。