人間関係を切り捨てるクセ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくは昔から人間関係を切り捨てるクセがある。

いや、正確には「勝手に切れていく」というべきか。

自分から積極的に関係を維持しよう・深めようとしない。


スポンサーリンク


 

そもそも子供の頃から友達を遊びに誘うことがほとんどなかった。

「学校が終わったら公園に集合な!」と言うことはあったが、特定の誰かを誘っていたわけではない。

 

もちろん学校を卒業した後も同じ。

声がかかれば喜んで行くが、自分から声をかけることはまずない。

そのせいか自分は、環境が変わるたびに人間関係がリセットされているように感じていた。

 

今や友達といえるのは数名。

当然この友達と会う場合も自分から誘うことはまずない。

 

なぜ自分から行動しないのか?

 

これまでその理由を深く考えたことはなかった。

しかし、今ならその理由が分かる気がする。

 

おそらくぼくは、相手の気持ちが見えなくて怖いのだ。

 

人間関係を円滑に進めるため、あえて嘘をついた経験は誰にでもあると思う。

 

たとえば好きでもない相手に遊ぼうと誘われた時。

特に予定があるわけでもないが、あまり気は乗らない。

しかし誘いを断ると後々面倒なことになりそうだし、とりあえず応じておくか……と考える。

 

ところが自分から人を誘った場合、今度は自分がそう思われるかもしれない。

相手は自分の誘いに対して「ぜひ!」と言いながら、腹の中では「嫌だなぁ」と思っているかもしれないのだ。

 

嫌われることそれ自体は別に怖くない。

だが、仲良くやっていると思っていた相手が実は自分を嫌っていた、となるとなんだか気持ち悪い。

 

しかし自分が誘われる側であればその心配は少ない。

嫌っている相手をわざわざ誘うことは考えにくいから。

 

自分でもなんだかめんどくさい考えだなぁ、とは思う。

でも同じように考えている人って他にもいるんじゃないだろうか?

ぼくはそんな人と友達になりたい。


スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

山田ユウキ

2017年6月、フリーランスwebライターとして開業。パレオダイエッター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. きみどりきのこ より:

    こんにちは。初めてコメントします。
    山田さんの記事を読んで、あー、そうそう、わかる!となりました。
    私も友達を自分から誘って出かけたり遊んだりするのはほぼないです。1人の時間が自分にとってはリフレッシュするために結構大切で、また、自分から連絡を取るのは色んなことを気にして連絡を取らないといけないので連絡しないのだと思います。
    毎回連絡をくれる仲の良い友達に本当に感謝です。

    生きたくない、の記事もそうですが、山田さんの考え方はなんだか私と似ていて、自分の周りにはいなかったけど、似た考え方をしてる人がいるんだ!と嬉しくなりました。
    これからもブログ読ませていただきます。

    1. 山田ユウキ より:

      >毎回連絡をくれる仲の良い友達に本当に感謝です。
      ホントこれですよねー。

      話はそれますが、こういうタイプの人はブログに向いている気がします。
      こうしてありがたいことに受け身でコメントがもらえるので。
      きみどりきのこさんもブログを書いてみては?

      また生きたくないの記事も見たとのこと、ありがとうございます。
      ぼくも「共感した!」ってコメントをもらうとブログ書いててよかったなぁと思います。

      ブログの更新頻度はスローペースですが、また訪問してもらえると嬉しいです。

      1. きみどりきのこ より:

        山田さん、返信ありがとうございます。初めてのコメントだったので、返信をいただけて嬉しかったです!
        ブログをやろうと思ったことはありましたが、行動に移せずにいました。でも、ブログに向いてるかもしれないとのことで、思い切ってやってみようと思います。
        良いきっかけになりました。ありがとうございます!

        1. 山田ユウキ より:

          おぉっ、まさか返信が来るとは。
          ブログに書かれたコメントには基本的に返すようにしているんですが、その返信にコメントがつくことはほとんどないので驚きました。

          もしブログを始めるのでしたら、コメントでもメールでも構わないのでURLを教えていただけると嬉しいです!

          1. きみどりきのこ より:

            で、できました!善は急げということで早速作りました。
            ゆっくり更新でもぼちぼちやってみようと思います。背中を押してくださってありがとうございました!
            frenchhornmushroom.hatenablog.com

  2. ザワザワ より:

    こんばんは!はじめまして!
    ずいぶん前の記事みたいですが、私も山田さんと似た考えなのでコメントしてみました。

    やっぱり自分から誘うのって勇気いりますよね〜
    特に誘いの連絡をしてから返事を待つまでの間、嫌だと思われていたらどうしようとか無駄に不安感情が湧いてきて胸のあたりがザワザワして気持ち悪いですね〜

    だから誘ってくれる人にはいつも感謝してます!笑

    あと、人とある程度仲良くなってきて相手の悪い部分が見えてくる瞬間てあると思いますが、私は相手のその部分がどうしても受け入れられないときや、自分にとって都合の悪い内容だった場合、なんだか怖くなって関係を切り捨ててしまう癖がありますね…

    これで良かったのだろうかと自分の判断に若干の後悔や疑問も残ったりしますが、それはまた新たな出会いがあったときに活かしていこうという思いです‼︎

    1. 山田ユウキ より:

      すごく前向きですねぇ。見ていてまぶしく感じるくらいです。

      >人とある程度仲良くなってきて相手の悪い部分が見えてくる瞬間てあると思いますが
      ぼくの場合こういう相手の隠れた部分ってのはあんまり分からないんですよね。
      なのでやっぱり「意図的に関係を切る」ではなくて「勝手に切れていく」って感じです。

コメントを残す