君はカチタスという企業のCMを知っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このCM、本当によく考えて作られているなと思う。


スポンサーリンク


カチタス テレビCM 「でも、なんで?」 篇

カチタス テレビCM 「でも、なんで?」 篇

 

まずバアさんが「このお家売れるかしら?」と言ったところに「そのお家、買い取ります!」と貝と鳥を合わせた珍妙なキャラクター(カイトリ)が登場する。

この間、わずか3秒。

たった3秒でこのCMはどういう人をターゲットにしているか分かる仕組みになっている。

最後の最後まで何を言いたいか分からないCMも多い中、これだけでも十分評価できる。

 

続いて「空き家も古屋もとことん買い取り♪カチタス♪」と歌い出すカイトリ。

ここで視聴者は「ほ~ん、家ならなんでも買い取ってくれるんだなぁ~」と理解する。

ここまで7秒。

 

「なんでもいいからさっさと家を売りてぇ~~~!!!」と考えている人を相手にするだけなら7秒でもう十分。

ただ、当然疑問は浮かぶわけだ。

「え? なんでも買い取れるとか逆に怪しくねぇ……?」

 

この疑問についてはバアさんが代弁してくれる。

「でもなんで?」と。

カイトリはすかさず答える。

 

「弊社がとことん買い取れるのはリフォームして販売しているから」

 

わざわざ理由を説明してくれるだけでもすごい。

タケモトピアノだってそこまでは説明していない。

 

それ以上にすごいのが説明がとても簡潔で分かりやすいということ。

正直言って、これ以上削る文字が見当たらない。

 

それが、カチタス。

伝えるべき内容は13秒で伝え終わっている。

 

しかしカチタスは残った2秒すらも無駄にしない。

カチタスのロゴを表示するとともに、その上に書かれた「おうち買い取り全国No.1」の文字。

貪欲に勝ちを狙っていく力強い姿勢を感じる。

 

カイトリという一見安直な発想で作られたキャラクターも覚えやすいという意味では非常に優れている。

カチタス♪というリズムも独特で覚えやすい。

一度見たら忘れられないCMだ。

 

 

……という話を友達にしたら「ほ~ん、で?」という反応が返ってきた。悲しい。


スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

山田ユウキ

2017年6月、フリーランスwebライターとして開業。パレオダイエッター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す