文字単価1円のライターはどんな仕事をしているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランサーズやクラウドワークス、サグーワークスやシュフティなど、クラウドソーシングサービスのおかげで誰でも簡単にライティングの仕事を得られるようになりました。

ただし募集している案件のほとんどは文字単価1円以下。

文字単価0.2円や0.3円なんて依頼も珍しくありません。


スポンサーリンク


サービスに登録したばかりの方が高単価の案件を受注するのは難しく、文字単価0.5円程度からスタートする方がほとんどでしょう。

 

そこで次のような疑問が浮かぶはずです。

「文字単価1円の依頼を受けているライターってどんな仕事をしているのだろう?」と。

 

ライター側からすると、他のライターさんがどんな仕事をしているかは普通分からないものです。

ところが以前、偶然にも文字単価1円ライターの仕事を見せていただく機会がありました。

 

そこで今回は、ぼくが目にした文字単価1円で書いているライターの仕事についてお話しします。

自分でも文字単価1円以上の仕事が獲得できるのだろうかと不安に思っている方にはぜひ読んでいただきたいです。

文字単価1円で書くライターの仕事

正直、「え、そんなんで文字単価1円の仕事ができるの……?」というのが個人的な感想です。

今は文字単価が低い方も安心してください。

文章のレベル感

「それなりに読みやすい文章ではあるだろう」と思っていたのですが、この予想はすぐに間違っていると気づかされました。

何度も同じ文末表現(「です」「ます」)が続いたり、「~ということではないということです」のような冗長な表現があったり……。

「いやいや、こんな記事を書く人が継続して取引できるわけだろう」と思ったのですが、特になんの注意もなく継続していたので驚きました。

納期を延長する人も多い

さすがに何も言わず納期を遅れる人はいませんでした。

ただ、納期の1日、2日前になってから納期を延長してくれと頼んでいる人はチラホラ……。

その理由も「納期を間違って認識していた」「思っていたより忙しくなった」といったもの。

不慮の事故や災害など、どうしても仕方ない場合はあるでしょうが、こんな理由で納期を遅らせるのはビジネス的に問題ですよね。

にもかかわらず、こちらのライターも継続の依頼を受けられたようです。

ハッキリ言って文字単価1円のハードルは低い

中学生程度の文章力があり、一度でも社会経験を積んだ方であれば文字単価1円の依頼はこなせます。

真剣に仕事に取り組んでいるのに文字単価1円未満だという方は、思い切って文字単価1円以上の案件にも挑戦してみましょう。

 

ただ忘れないでいただきたいのは、文字単価1円のレベルが高くないからといって手を抜いてはいけないということ。

「クラウドソーシングの文字単価は低すぎる」などと揶揄されることもありますが、ビジネス意識に欠ける人が多いことを考えると仕方がないのかなと個人的には思いました。

自信を持つのは大切なことですが、傲慢になってはいけません。


スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

山田ユウキ

2017年6月、フリーランスwebライターとして開業。パレオダイエッター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す