肩こり対策の湿布はどう選ぶ?痛みの原因を知って正しい対処を

 

単に湿布といっても、薬局に行けば数多くの商品が並んでいます。

これでは、どれを選べばいいか混乱してしまうのも当然といえるでしょう。

 

そこで、この記事では湿布の選び方や使用上の注意点について解説します。

肩こりの原因や湿布以外の対処法についても紹介しますので、肩こりの問題を根本的に解決したい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

肩こりに効く湿布の選び方

同じ効果があるものでも、あなたの好みや使用状況によって選ぶべき湿布は変わります。

ここでは湿布の種類やそれぞれの特徴について解説します。

使用感による違い

湿布は温湿布と冷湿布の2種類に分けられます。

温湿布と冷湿布の違いは、その名の通り湿布を貼ったときの温度感です。

 

どちらを選んでも問題ないのですが、一般的には温湿布の方が好まれる傾向にあります。

なぜなら、肩こりの原因は寒さを原因とする血行不良である場合が多いからです。

 

ただ、温湿布を貼っても実際に皮膚や筋肉の温度が変わるわけではありません。

あくまで温かくなったように感じるだけなので、ひんやりとした感覚が好みなら冷湿布を選びましょう。

形状で選ぶ

湿布は使用感だけでなく、形状によっても2種類に分けられます。

一つは肌色で薄いテープ剤。もう一つは白地で分厚いパップ剤です。

それぞれのメリット・デメリットを下の表にまとめました。

 

テープ剤 パップ剤
メリット ・曲げても剥がれにくい

・長時間貼っていても剥がれにくい

・ニオイが少ない

・成分の浸透性に優れる

・剥がしやすい

デメリット ・剥がすときに毛を巻き込みやすい

・成分の浸透性はパップ剤に劣る

・湿布のニオイが強い

・貼った後に剥がれやすい

 

仕事中や外出中など、長時間同じ湿布を貼り続ける場合はテープ剤がおすすめです。

テープ剤であれば湿布特有のニオイが少なくて済むため、周りの人に気を使わなくて済みます。

思い切り剥がすと毛を巻き込んでしまうので、ゆっくり剥がすか湿布を貼る場所の毛を処理しておきましょう。

 

自宅にいるときは、より高い効果が期待できるパップ剤をおすすめします。

ただ、パップ剤はテープ剤に比べて剥がれやすいため、ネットやテープで固定しておきましょう。

湿布に含まれる成分

サリチル酸メチル

サリチル酸メチルは関節痛や筋肉痛など、さまざまな炎症・痛みを抑える成分です。

サロメチールという植物に多く含まれる天然成分で、はるか昔から消炎効果があると知られていました。

フェルビナク

フェルビナクは湿布に含まれる一般的な成分で、痛みや炎症を抑える効果があります。

効果の持続時間は少し短めで、1日2回の貼り替えが必要です。

ジクロフェナクナトリウム

ジクロフェナクナトリウムは強力な炎症作用・鎮痛作用がある成分です。

強い効果が期待できるものの、副作用が現れることもあるため、1日2枚までといった制限があります。

インドメタシン

インドメタシンは強力な抗炎症作用を持つ成分です。

筋肉痛などに大きな効果を発揮しますが、こちらもジクロフェナクナトリウム同様、使い方次第では副作用の心配もあります。

湿布を選ぶとき・貼るときの注意点

かぶれ対策をする

湿布を貼るときにガーゼを一枚挟むと、皮膚がかぶれにくくなります。

湿布を剥がした後、しっかり洗い流して乾かすことも重要です。

一日の使用回数・使用枚数を守る

湿布も飲み薬と同様、立派な医薬品です。

薬を飲みすぎると副作用が現れるように、湿布の使いすぎにもリスクがあります。

入浴前後に温湿布を使わない

温湿布は冷湿布より肌への刺激が強く、入浴で体が温まると湿布を貼った場所が痛みます。

入浴の前後30分〜1時間は温湿布を貼らないようにしましょう。

同じ場所に連続して湿布を貼らない

湿布は皮膚に刺激を与えます。

長い時間貼り続けていると皮膚にダメージが蓄積し、普段は問題なく湿布を使えている方でもかぶれてしまうことがあります。

湿布を貼り替える際は2時間程度の間隔をあけましょう。

他人に処方された湿布を使わない

家族や友人から湿布を分けてもらった経験がある方もいるでしょう。

しかし、他人が病院でもらってきた湿布は使わないでください。

 

病院で処方される湿布は、医者や薬剤師がそれぞれの患者の状態を考慮した上で出しているものです。

市販の湿布より高い効果が見込める分、使う人・使い方によっては副作用が出ることもあります。

妊娠中の湿布選びは特に気をつける

妊娠中は肩や腰に大きな負担がかかります。

もともと肩こりとは無縁だった人も、妊娠中だけは湿布に頼りたくなるかもしれません。

しかし、妊娠中は特に気をつけて湿布を選ぶ必要があります。

なぜなら、湿布の成分によっては胎児の心臓や血圧に悪影響を及ぼす恐れがあるからです。

 

実は、湿布の成分は貼った場所だけでなく全身を回っています。

お腹とはまったく関係ない場所に貼ったとしても、その成分は胎児にも届けられているのです。

 

胎児の健康を守るためにも、妊娠中の湿布選びは医師や薬剤師に相談してください。

なお、妊娠中でも使える湿布の成分としてはサリチル酸メチルなどが挙げられます。

注意書きをよく読む

市販の湿布であっても、使い方を誤れば副作用のリスクがあります。

例えばケトプロフェンという成分を含む湿布は、貼った場所を紫外線に当てると、ひどい日焼けになってしまうことがあります。

この日焼けを防ぐには、湿布を貼っている間だけでなく、剥がした後4週間は紫外線に当てないよう気をつけなければいけません。

 

湿布に含まれる成分によって、また別の副作用が引き起こされることもあります。

購入前・使用前には必ず商品の注意書きに目を通しておいてください。

よく分からないことや不安なことがあれば、薬剤師に相談しましょう。

湿布で肩こりは完治しない

湿布は一時的な血行促進効果・炎症鎮静効果によって痛みを和らげるものです。

あくまで肩こりの症状を和らげる効果しかないため、根本的な解決にはなりません。

 

そもそも肩こりが起きる原因は以下の2つです。

 

  • 自律神経の乱れ
  • 血行不良

 

自律神経の乱れは、仕事や人間関係などを原因とする過度のストレス、生活習慣やホルモンバランスが正常に保てなくなることで引き起こされます。

夏場であれば室内と室外の気温差が原因となることもあるでしょう。

 

血行不良は、パソコンやスマホを同じ姿勢で長時間続けることや、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎが原因です。

 

肩こりを改善したいなら、湿布で痛みを和らげるのと並行してその他の肩こり対策も進めていきましょう。

湿布以外の肩こり対策

寒さが原因の肩こりなら、湿布以外にも以下のような対策が有効です。

 

  • ぬるめのお湯にゆっくり浸かる
  • 上着を一枚多く着る
  • 手首や足首を温める
  • 蒸しタオルやカイロを肩にあてる

 

筋肉を動かせていないことが原因なら、適度な体操やストレッチも取り入れてみましょう。

単純に肩を回すなどの運動も効果的ですが、おすすめは肩甲骨を刺激するストレッチです。

以下の①と②の動きを繰り返すことで筋肉が刺激され、血行が促されます。

 

  1. 何かを抱えるようにして肩甲骨を広げる
  2. 胸を張り、肩甲骨を縮める

 

パソコンやスマートフォンを長時間利用するなら、適度に休憩を入れるのも肩こり対策に必要なことです。

治らない肩こりは病院へ

肩こりを放置すると、頭痛など他の症状につながることもあります。

あまりに痛みがある場合、どうしても肩こりが治らない場合には病院へ行くことも検討しましょう。