札幌の「ミュンヘン・クリスマス市」に一人で行ってみたぞ【2017】

スポンサーリンク

 

北海道民にはすっかりお馴染みのイベント「ミュンヘン・クリスマス市」。

今年も11月25日~12月24日の間、例年通り大通公園で開催されています。

まだ行ったことがない! という札幌ビギナー向けにレポート記事を書きました。

ミュンヘン・クリスマス市が混雑する時間は16~17時から

15時頃の様子

今回ぼくが会場に向かったのは平日の15時ごろ。

まったく人がいない、というわけではありませんが、さすがにまだまだ人は少ないですね。

 

会場中央の広場

会場中央のイベントスペース前も15時ごろはまだガラガラ。

人が増え始めたのは16時~17時くらいです。

 

16時ごろの会場中央広場

イベントが始まるころにはかなりの人が集まっていました。

出店はまだ並ばなければいけないほどではありませんが、飲食用に用意されたテーブルが埋まりつつあります。

 

17時過ぎの出店前

17時過ぎともなれば出店に並ぶ人もかなり多いです。

とはいえオーダーからの待ち時間は長くないので、そこまで心配する必要はなし!

 

食事はやっぱりお値段高め

メニューの一例

イベントにはたくさんの出店が出店しています。

飲食の出店は全部で15店舗出ているので、種類の多さは文句のつけようもありません。

元がドイツのイベントというだけあり、ソーセージやジャーマンポテト、ビールといった料理を提供しているお店が多いです。

 

ガッツリ系のメニュー

体の温まるドリンク類の提供も

ローストチキンやフランクドッグといった軽めの食事からドリアやシチューといったガッツリ系の食事もあるので、夜ご飯をここで済ませてしまうことも可能。

ただ、やっぱり値段は少し高いかな!

 

寒さ避けのテント

当然北海道の冬は氷点下でめちゃくちゃ寒いです。

いくら料理が暖かいとはいえ、それを持つ手が素手ではちぎれそうなほど冷えてしまいます。

ですが、会場には↑のような休憩用のテントが用意されているので安心です。

 

テントの中には暖房が

単なる風よけのテントではなく、ちゃんと暖をとることもできます。

とてもありがたい。

 

ミュンヘン・クリスマス市ならではのグッズ販売

雪だるまやサンタがモチーフのスノードーム

クリスマス市というくらいですから、グッズの出店もその多くがクリスマス仕様。

クリスマスツリーやサンタクロース、雪だるまをモチーフにした置物やキーホルダーが多い印象です。

グッズの出店は全部で23。

マトリョーシカのようなドイツらしいグッズの販売もあります。

 

クリスマスカードの販売も

ミュンヘン・クリスマス市のイベント情報

サンタからプレゼントを受け取る子供たち

会場の特設ステージでは日によってさまざまなイベントが催されます。

今回ぼくが行った時は子供を対象としたサンタクロースからのプレゼントイベントが行われていました。

他にも音楽ステージやダンスショー、クリスマスにちなんだクイズ大会も行われるそうです。

屋外だけでなく、屋内でのイベントも開催されます。

詳しいイベントの日程等についてはこちらからどうぞ。

 

クリスマスツリーのライトアップ

テレビ塔とクリスマスツリー

会場中央にはクリスマスツリーが設置されています。

夜にはツリーがライトアップ!

会場近くにあるテレビ塔もイルミネーションで彩られ、クリスマスらしい雰囲気が一気に強くなります。

ミュンヘン・クリスマス市はカップルとか家族向けのイベント

一人でも楽しめないわけではありません。

クリスマスグッズとか見てるだけでも楽しいし、出店では普段食べられないような料理も楽しめます。

でもやっぱりこういったイベントは複数人で来るべきでしょうね。

というか、自分以外1人で来ている人を見かけませんでした……。

 

逆に言うとカップルや家族連れには最適なイベント。

この時期にどこに遊びに行こうかなぁ~なんて思っているなら「ミュンヘン・クリスマス市」を選んでおけばまず間違いない。

アクセス・公式サイトなど

引用元:開催概要 | 第16回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

地下鉄大通駅までついたら、8番出口から出ればすぐです。

分からなかったらそこらへんのカップルについていけば高確率でたどり着けます(笑)。

 

公式情報

日時:11月25日(土)~12月24日(日) 11時00分~21時00分

会場:大通公園2丁目

公式サイトhttp://www.sapporo-christmas.com/index.html

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。