「同じことを何度も聞くな!」は教える側としてどうなの?

ぐわぐわ団というブログをご存知でしょうか。

単純に読んでいておもしろく、ぼくがFeedlyに登録しているブログの一つです。

そんなぐわぐわ団で本日以下のような記事が投稿されました。

「同じことを何度も聞くな!」はダメ!絶対!その3/ぐわぐわ団

 

以下、記事より一部引用

聞かれる側からすれば「同じこと」かもしれませんが、聞く側からすると「違うこと」だから聞いていることが多いのです。

「赤いペンは右側に置いてください。」

このように指示されたとします。でも、目の前に赤いペンが2本あると、1本だけ右側に置いたらよいのか、2本とも右側に置けばよいのか、わからなくなります。わからない以上、もう一度質問することになります。そうすると、

「赤いペンは右側に置くように言ったじゃないか!同じことを何度も聞くな!」

と怒られるのです。これが何度か続くと、聞く側は怖くなってしまって「怒られるぐらいなら適当にやってしまおう」と考えるようになり、最終的に取り返しのつかないミスへとつながっていくのです。

まったくその通りだと思いました。

これを受けてぼくも思うところがあったので「何度も同じことを聞くな!」問題について記事を書いてみます。

なぜ同じことを聞いてしまうのか

ぐわぐわ団でも述べられている通り、聞かれる側にとっては同じことでも聞く側は違うことを聞いているつもりだった、ということも多いでしょう。

が、本当にまったく同じことを聞いている場合もあるわけです。

 

では、そんな場合なら教わる側・聞く側が悪いのでしょうか?

ぼくの意見としては、それでもやはり教える側に問題があるのだと思います。

 

この話をする上でよく聞くのが「ちゃんとメモをとれ」という意見。

そりゃあすべてを事細かにメモできればいいですけど、そんなことって可能ですかね?

 

教わった内容を噛み砕き、後で自分が思い出せるようにメモを残す。

これって結構時間がかかることだと思うんですよ。

もちろんパパっとできる人もいるでしょうが、そこまで要領が良い人は特別多くありません。

 

一通りバーっと説明して、それで終わりだと思っている人が多すぎませんかね?

最後に「分からないとこはあるか?」なんて聞いたって、一回聞いたくらいじゃ何が分からないかすら分かりませんよ。

そもそも脳は覚えたことを忘れるようにできているんです。

1回や2回説明されたからって完璧に覚えることはまずできないでしょう。

 

それとメモをしたときは理解していたつもりでも、見直してみると分からない部分・思い出せない部分があったってこともあります。

じゃあ分からなかったらどうするのか? そりゃ、聞くしかないですよね。

ちゃんと聞いてくるだけマシ

「同じことを何度も聞くな!」なんて言っていると教わる側は萎縮して質問しにくくなってしまいます。

聞かずに仕事を進め、取り返しのつかないことになったらそれこそ大問題。

もちろん本人に責任がないとは言いませんが、教える側の責任も相当なものです。

 

そもそも「何度も同じことを聞くな!」と怒った時点で状況は何も良くなりません。

むしろデメリットしかない。

 

教わる側は悪気があって忘れているわけではありません。

怒りながら教えると学習効果が上がるってなら一応の妥当性はありますけど、きっとそういうわけじゃないですよね。

怒るのはあくまで自分のイライラを発散させるため。

ただの自己満足です。

何度も聞くのは物覚えが悪いから、ではない

「コイツ物覚えが悪いんじゃないか?」というのも、おそらく教える側の勘違いです。

何度も同じことを聞く新人がいる、なんて話はどこにいってもよく聞く話じゃないですか。

同じことを何度も聞く人はそれだけ多い、つまり普通ということです。

 

教える側が「なんでそんなことも分からないんだ」と思うのは、教えている情報がすでに自分にとって当たり前のものになっているからです。

しかし多くの場合、その当たり前は新人にとって当たり前ではありません。

だから覚えるのも理解するのも時間がかかってしまうのです。

教える側にいる人だって、まったく関係のないことを誰かに教わり始めたら「コイツ物覚えが悪いんじゃないか?」と思われるでしょう。

自分が教えるときに意識していたこと

ぼくも何度か人にものを教える立場になったことがあります。

そのとき気をつけていたのはやはり「同じことを何度聞かれても怒らない」ということ。

相手がどう思っていたかはともかく、こちらとしては聞かれるたび丁寧に答えていたと思っています。

忘れてしまうのは仕方ないことですし、怒ったところでメリットがありませんから。

 

ですが、実はもう一つ教えるときに意識していたことがあります。

それは、なぜそうしなければいけないのか考えさせること。

 

丸暗記というのは記憶をするためにどうしても効率が悪いものです。

例えば数学。

数学にはいろいろな公式が登場しますが、丸暗記でしか覚えていない場合、もし忘れてしまったときには手も足も出なくなってしまいます。

しかし考え方・導き方といった理論を知っていればその場で公式を導き出し問題を解くことができます。

これは仕事でも同じ。

なぜ? が分かれば記憶に残りやすく、応用できる力だって身につきます。

自分が正しいという幻想を捨てろ

自分が正しくて相手が間違っている。

そう確信しているから人は怒るわけです。

 

ぼくに言わせれば、ここまで説明してきたように教える側が問題である場合も多いです。

常識を疑ってみるのは大事だとよく言いますが、人に何かを教えるときにもこれは重要な考えだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。