ダイエットの基礎

ダイエットを三日坊主にしない記録の力

 

ダイエットはほとんどの人が長続きしません。

これはもう常識といっても過言ではないでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが記録です。

 

たかが記録でそんなに変わるものか……?
山田 侑希
山田 侑希
記録があるかないかでは全っっっっ然違います!!
私が途中で記録を止めた時は、すぐに元の体型へ逆戻りしていきました

 

意志の力でダイエットできるのは、ほんの一握りの天才だけです。

これまで何度もダイエットに挫折してきたのであれば、少なくともあなたは天才ではありません。

 

ということで、今回はダイエットにおいて記録がどれだけ重要なものかについて解説していきます。

記録するべき内容についても説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

ダイエットをするなら記録をつけるべき理由

モチベーションを維持できるから

ダイエットが続かないのはモチベーションを維持できないからです。

 

知っての通りダイエットには長い時間がかかります。

ほんの1週間やそこら頑張ったところで、見た目に変化が出るほど痩せるなんてハッキリ言って無理。

なかなか変化が分からないせいで本当にダイエットが上手くいっているか不安になり、途中で諦めてしまうわけですね。

 

逆にいうと、良い方向に向かっている実感があればモチベーションを維持するのは簡単です。

RPGなんかが良い例でしょう。

RPGでは戦うたびに経験値が増えていき、レベルやステータスなどの数値も増えていきます。

夢中になって遊んでいたら、いつの間にかプレイ時間が数十時間になっていたなんてこともあるはずです。

 

しかし、仮にレベルやステータスが数値化されていないPRGがあったとしたらどうでしょう?

多分、レベル上げがすごく苦痛になると思います。

レベル上げのモチベーションは、経験値やレベルなどゲーム側で用意されている記録があるからこそ、あまり苦痛にならず維持できるのです。

 

ダイエットで記録が大事な理由も同じです。

毎日のように鏡や体重計を見ても劇的な変化は訪れません。

ですが地道に記録をつけていけば、擬似的に前へ進んでいる感覚を得られます。

山田 侑希
山田 侑希
記録が増えれば増えるほど、途中で諦めるのがもったいなく感じますよ

ダイエットの振り返りができるから

例えば3ヶ月で5kg痩せる計画を立てたのに、2kgくらいしか減っていなかったとすれば明らかに問題があります。

そのまま続けても効果は薄いので、食事内容の見直しが必要だといえるでしょう。

 

ただ、記録が残っていなければ何をどれくらい調整すればいいか分かりません。

こうなると「とにかく減らしまくろう!」みたいな発想になりがち。

 

しかし、目標も決めず食事量を減らせるだけ減らすダイエットなんて絶対に続きません。

これは何km走ればいいか分からないのに最初から全力疾走するようなものです。

途中で息切れしてしまい、「ダイエットなんてもういいや!」となるのが目に見えています。

 

確実にダイエットを成功させたいなら、しっかりと計画を立て、定期的に振り返りと調整をしてください。

ダイエット計画の立て方は下の記事が参考になるかと思います。

ダイエットで記録するべきこと

記録するのは摂取カロリー・三大栄養素・体重の3つだけでOKです。

食事内容をあれこれ記録する必要はありません。

記録が複雑になりすぎると、記録自体が面倒になって挫折してしまいます。

 

余裕があれば全身の写真も月1くらいで記録しておきましょう。

ダイエットが上手く進んでいれば数ヶ月で違いが見えてくるはず。

ダイエットに成功した自信は自己肯定感を高め、勉強や仕事をする上でも役に立ちます。

ABOUT ME
山田 侑希
ダイエットで健康を取り戻した26歳の男(75kg→57kg)。ダイエット業界に嘘が多すぎるので、自分で情報発信することにしました。質問などあればコメント欄へどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です