仕事の取り方

ライバルの実績数は気にするな!初心者ライターでも提案が通る理由

 

せっかく良い案件を見つけても、すでに実績豊富なベテランライターが提案していたら

自分がこの案件を受注するのは無理だな……

と思ってしまうはずです。

 

しかし、安心してください。

あなたが実績ゼロの初心者ライターだとしても、ベテランライターを押しのけて仕事を受注することは十分可能です。

今回は、この理由を誰でも納得できるように説明します。

 

初心者ライターでも提案が通る理由

「実績数が多い=優秀なライター」ではない

私もライターになりたての頃は、実績の多いライバルにビビっていました。

認定ランサーやプロクラウドワーカーといった人がいると、とても自分では太刀打ちできないのではないか……と。

 

しかし、実績数やランクが充実しているからといって、彼らが優秀なライターとは限りません。

なぜなら、本当に優秀なライターは自分から提案する機会が少なくなるからです。

 

優秀なライターはクライアントにとって貴重な存在です。

クオリティの高い記事を納品してくれれば、ぜひもう一度お願いしたいと考えます。

このように、継続案件を抱えたライターは新しい仕事を取る余力がなくなり、次第に提案する機会が減っていくはずなのです。

 

では、実績数が多いにも関わらず、いろいろな案件に提案しているライターはどんな人なのでしょう……?

全員がそうとは言いませんが、継続案件を獲得できずに単発で仕事をこなしている可能性が高いです。

 

また、認定ランサーやプロクラウドワーカーなんてランクにビビる必要もありません。

 

え?なんで?
クライアントから良い評価を得られている証拠でしょ?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
いえ、そもそもクラウドソーシングでは基本的に評価は満点になってしまうものなんです

 

クラウドソーシングの評価制度は、ライターとクライアントがお互いに評価をつけ合う仕組みになっています。

そのためクラウドソーシングでは、お互いに報復を恐れ、よほど悪質でない限り満点評価をつけるという文化が形成されています。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
これはこれで問題なんですけどね

 

もちろん、本当に優秀なライターがライバルになっていることもあります。

しかし、実績数やランクで優秀さは測れません。

最初から諦める必要はまったくないといえます。

Webライターの仕事は伝えること

Webライターの仕事は書くことではなく、伝えることです。

そのため、クライアントは当たり障りのないキレイな文章より、情報が詰まった濃い文章を評価します。

 

例えば、車に関する記事執筆案件があったとします。

より濃密で読み応えのある記事を納品してくれるのは、以下2人のどちらだと思いますか?

 

  • 車なんて全然興味がなく、移動手段としか思っていないベテランライター
  • 車が好きで自分で修理もできてしまう初心者ライター

 

知識量では、間違いなく後者に軍配が上がります。

もちろん、ベテランライターも十分リサーチして執筆するとは思いますが、やはり好きで知識を身につけた人には敵いません。

初心者ライターはとにかく数を打て

ライバルを気にしなくていいとはいえ、初心者ライターが採用されにくいのは事実です。

まずはガンガン提案し、確実に実績を積み重ねていきましょう。

しっかりと提案できていれば、少なくとも10件に1件は採用されるはずです。

信頼を積み重ねていけば報酬単価も上がっていき、稼げる金額も増えていきます。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
【無料メール講座】そろそろ本気でフリーランスを目指してみませんか?


初心者〜月数万円で伸び悩んでいる方を対象に、フリーランスWebライターを目指すための無料メール講座を用意しました。

メール講座限定のコンテンツも用意していますので、本気で頑張る覚悟がある方はぜひ登録してください。