「死にたいは甘え」という考えは相手も自分も不幸にする

最近はストレスチェック制度も取り入れられてきて、メンタルヘルスやうつ病に関する理解が少しずつ広まっているように思います。

が、それでも中には心の病気に理解を示すことなく、「死にたいは甘え」などと言う人もいるようです。

 

これは非常に危険な考えだとぼくは思います。

記事タイトルにもしているように「死にたいは甘え」という言葉は言った相手も言った本人も不幸にしてしまいます。

もしこれを読んでいるあなたが「死にたいは甘え」だと思っているなら考えを改めてください。

そもそも「死にたいは甘え」じゃない

「死にたいは甘え」と考える人の根底には「やればできる」「頑張ればなんとかなる」という根性論が根付いています。

しかしそれは嘘です。

 

例えばの話、普段運動していない中年のおじさんが100m走で陸上選手より速く走ることはできませんよね。

100回勝負したところで1回も勝てないのは目に見えています。

 

それはなぜか?

 

当然、筋肉や体力に差があるから。

これについては誰でも理解できる話です。

 

しかし心の問題についてはなぜか気合でなんとかなると考えている人が一定数存在します。

ぼくはこれがとても不思議です。

心や気持ち、やる気といったものは自分でコントロールできると考えているのでしょうが、それは幻想でしかありません。

 

脳内神経伝達物質であるセロトニンが不足すれば些細なことでもイライラしてしまうようになりますし、薬物でドーパミンが暴走したら自分の意志で止まることができなくなります。

死にたいという気持ちもこれと同じ。

いくら他人に励まされたところで「よし、頑張ってみるか」とは思えなくなります。

この気持ちをなんとかするには薬を処方してもらう、食べ物を変えるなど外からのアプローチが必須です。

「死にたいは甘え」が自分を苦しめる理由

厚生労働省のデータによると、一生のうちうつ病にかかるのは15人に1人。

いつ誰がうつ病になってもおかしくないのです。

 

「あんなに元気で活発な人だったのに、まさかうつ病になるなんて……」という話を聞いたことがありませんか?

自分は大丈夫と思っていても、何が起こるか分かりません。

 

いざ自分がうつ病になったとき、過去に自分の言った「死にたいは甘え」という言葉が自分を苦しめます。

 

うつによって「死にたい」と思ってしまう。

けれどそう思ってしまうのは自分が甘えているから。

自分はなんてダメなヤツなんだ……。

 

このようにさらにマイナス思考に巻き込まれていきます。

「死にたいは甘え」は害悪でしかない

「死にたいは甘え」だと主張することで、うつ病の人をさらに苦しめることになります。

それなりに影響力のある人の場合、もしかするとすでにその主張のせいで誰かを自殺に追い込んでしまっているかもしれません。

自分のためにも相手のためにも「死にたいは甘え」という言葉は使わないようにしましょう。

 

関連記事:“死にたい”ではなく”生きたくない”という感覚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。