作業効率がアップ?疲れる?スタンディングデスクを導入した5日目の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業効率が上がるよ!とか健康にいいよ!といった噂をよく耳にするスタンディングデスク。

最初は「疲れるだけじゃね?」と思っていたぼくですが、試しに導入して5日ほどが経過しました。

まだ1週間も経っていないわけですが、明らかに効果を実感し始めたので感想をメモ。


スポンサーリンク


 

わざわざスタンディングデスクを買いなおすのも面倒だったので小さいデスクを買い、もとから使っている机の上に置いて使用しています。

 

ネットでスタンディングデスクの価格を見ていると大体1万円は超えていますね。

自分に合うかどうかを確かめるためにも、とりあえずは安く試せる方法をとった方がいいと思います。

 

それではさっそく感じたメリットやデメリットを並べていきましょうか。

スタンディングデスク使用開始5日目で感じたメリット

作業開始までが早くなった

明らかに以前とはやる気スイッチの入り方が違います。

ぼくは朝起きたらすぐに仕事を始めるのですが、日によってはイマイチやる気スイッチが入らず、椅子に座ったはいいものの作業開始まで1時間くらいダラダラしてしまうことがあります。

寝起きということもあるのでしょう、頭がボンヤリとしていて体が活動する準備をできていないイメージです。

 

立って作業を始めると体がバッチリ覚醒します。

まさにやる気スイッチが完全にONに入った状態です。

集中力が高まったためか、作業を長時間続けても平気になった

座っていた時は長時間作業を続けていると眠くなったり時間の流れが遅く感じたりと、作業を辛く感じることが多々ありました。

それが立って作業するようになってからは眠気なんて一切感じませんし、時間が過ぎるのがあっという間です。

 

以前は「こんなに作業したのにこれしか進んでない……時間も全然経ってない……」と思っていたのが「え!時間経つの早!てか時間足りねぇ!」と思うように。

それだけ集中力が上がっているということですね。

作業効率も明らかに上がってる

集中力が上がれば当然作業効率も上がります。

座っているとついつい関係ないことが頭に浮かんだりしがちなのですが、立っている間はほぼ完全に作業にフォーカスを当てることが可能。

余計な思考をせずに済む分だけ作業がはかどります。

掃除を頻繁にするようになった

ぼくの部屋の床はフローリングです。

フローリングってどうしても汚れやすいですよね。

たった一日でホコリやら毛やらが目についてしまいます。

 

椅子を使っていたときはボケーっと外を眺めて休憩していたのですが、スタンディングデスクを使うようになってからは「休憩ついでにササッと掃除しておくか」と思うようになりました。

スタンディングデスクのメリットまとめ

思うに、人間にとって立つというのは行動をするための姿勢で、座るというのは休むための姿勢なのではないか、と。

 

立っている間は考え方がアクティブになり、あれもやっておこう、これもやっておこうという考えになります。

一つこれをやる!と決めたらそれに集中して作業できるようになるのは間違いありません。

 

反対に座っている状態では行動するのがとてもめんどくさくなります。

一度座り込んだら立ち上がるのが辛い、という感覚は多くの人に理解してもらえると思います。

最初は疲れるけど慣れる

スタンディングデスクを検討している人にとってはこれも気になるポイントですよね。

立ちっぱなしの作業は疲れるのではないか、と。

 

結論から言うと、最初はたしかに疲れます。

スタンディングデスク導入にあたって唯一のデメリットといえるでしょう。

ですがそれも最初だけ。続けていれば間違いなく慣れていきます。

 

ぼくもスタンディングデスク開始1日目は足が痛くて、翌日はディズニーランドに行った後のような鈍い痛みを感じました。

ですがそれも最初だけ。3日目には多少の疲れは感じるものの1日中立ってても痛みを感じることはありませんし、翌日にも響きません。

これから1週間、1か月と続けていくうちに疲れを感じることはほとんどなくなっていくのではないかと思います。

やる気がでない、集中力が続かないという人はぜひスタンディングデスクを!

人にオススメできるかどうかと聞かれれば、自信を持ってオススメできると答えられます。

最初の数日だけなんとか我慢してください。

脚が立っている状態に慣れさえすればあとはメリットしかありません。


スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

山田ユウキ

2017年6月、フリーランスwebライターとして開業。パレオダイエッター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す