「勉強する意味が分からない」と感じている人へ

「なんで勉強なんてしなきゃいけないんだ?」ってのは学生にとって当然の疑問。

ぼくだって学校に通っていた頃はそんなことを考えていました。

 

で、そんな疑問が生まれたときにどうするか?

そりゃあ親なり先生なり身近な大人に聞いてみるわけですよね。

 

でも大人ってそれっぽい回答を持ち出すものの、納得できる理由ってなかなか説明してくれないと思いませんか?

少なくとも自分はそう感じていました。

どこかズレているというか、腑に落ちないというか。

 

ということで、大人がなぜこの疑問に答えられないのか、そして勉強する意味とはいったいなんなのかについて、考えてみました。

なぜ大人は勉強する意味を教えてくれないのか

そもそも勉強する意味を知らないから、ってのが理由だと思います。

何にでも言えることですが、知らないことについては説明のしようがありませんから。

 

ただ大人が子供に対して「勉強してほしい」と思っていることは事実です。

なぜならできれば良い高校、大学に行ってほしいと考えているから。

 

大人はときどき勉強する理由について「良い高校・大学に行くために必要だから」という答えを用意しますが、子供の立場からするとスッと納得いく回答ではありませんよね。

これはなんでだろうと考えてみたんですが、良い高校・大学に進学するためってのは大人が子供に勉強させる理由であって、子供が勉強する理由ではないからなんじゃないかと思いました。

大人がよく使う「勉強する理由」

冒頭で、大人は勉強するためのそれっぽい回答を持ち出すものの、子供にとって納得できるものは少ないという話をしました。

これを読んでいる人の中にも「親(or先生)には〇〇って言われたけど納得できないんだよなぁ~」と思っている人は多いかと思います。

 

そこで大人がよく使う「勉強する理由」に対して反論してみます。

分かる分かる~と思って読んでいただければ。

興味ない人は飛ばしてください。

「仕事で使うこともあるから」

使うこともある……ってかなり限定的な話ですよね。

そりゃあ使う立場になってみれば「あれはちゃんと勉強しておくべきだった」なんて思いますけど、使うかどうか分からないものを学ぶのにモチベーションなんて上がらないでしょう。

 

というか、この理屈で考えると使わなかった知識については意味がない、つまり学校の勉強なんてほとんど役に立たないって言っているのと同じじゃないですか?

勉強する意味を知りたいのにほとんど役に立たないって返すのはどうなの?

「将来の選択肢が増えるから」

なるほどたしかに、やりたいことがない人に対しては説得力があるように思えます。

が、将来やりたいことが決まっている子に対してはどうするんでしょう?

 

例えばケーキ屋で働きたいって子がいたとします。

化学あたりは役に立つかもしれませんが、地理や歴史なんてまるで役に立たないように思えます。

 

成長していけば他にやりたいことが見つかるかもしれないってのは、まぁ理屈ではそうですけど、「これをやりたい!」って決めている子供の心には響かないですよね。

やりたいことを実現するために必要だから

例えば研究者になりたいってことなら大学へ進学する必要があります。

で、進学するには受験を受けなければいけない。

そして受験科目には学びたい分野以外の科目があるから勉強する必要がある、という答え。

 

いや、そもそも受験科目に関係ない科目があるのがおかしいだろってなるだけでは……。

理由にはなっているけど、納得できるかというと疑問。

というか、そもそも受験に失敗してしまったらそれまでの勉強が無駄になる、ということになるけどそれはいいのか?

「良い大学に行くため必要だから」

そりゃあ東大とか京大に行っておいた方がそれ以外の大学に進むより成功(そもそも何を成功というのかは置いておいて)する確率は高いと思いますよ。

が、東大に行ったってダメな人はダメだし、ランクの低いといわれる大学に行ったって成功する人は成功するんですよ。

じゃあ勉強じゃなく、他のところに成功の要因があるんじゃね?→勉強する意味ないんじゃね?となるのが自然。

「今しかできないことだから」

まず理由になっていません。

今しかできないこと=やるべきこと?

じゃあ例えば今クッソつまらない映画が放映されていたとして、映画館でその映画を見られるのは今だから見に行けってなるか?

いや、ならんでしょ。

「勉強できる環境にあるから」

なんかアフリカとかの子供の例を挙げて「勉強できるのは幸せなんだよ」みたいなこと言う人いますよね。

そんな遠い世界の話を引き合いに出されても……。

じゃあ世界中の子供に自由に学べる環境が与えられたら勉強する意味ってなくなるんですかね?

「問題を解決する能力が身につくから」

その通り……ではありますけど、それなら勉強である必要はありませんよね。

スポーツだってどうすれば速く走れるか、どうすれば高く跳べるかなど工夫して問題を解決する能力は養われます。

なんならゲームだっていい。

「頑張る力が身につくから」

これもスポーツとか他のことでもいいですよね。

というかこれは 勉強は苦行であるというイメージの埋め込みにつながるんで、何も答えないより悪い答えだと思います。

「勉強していないと恥ずかしいから」

「別に自分は恥ずかしいと思われても良い」と思えば勉強しなくてもOKになっちゃいません?

というか、恥ずかしいってどのくらいのレベル?

アルファベットが分からないレベルだったら恥ずかしいと言われても仕方ないでしょうが、微分積分ができない大人なんていっぱいいるんで、別に恥ずかしくないですよね。

テストでいうところの問1に答えられるくらいの知識があればもう十分、ってことでいいですか?

ネットで見かけた大人の苦しい理屈

この記事を書く前に「勉強 意味」で検索してみたんですよ。

すると出てくる出てくる、子供に「どうして勉強しなければいけないのか?」と聞かれて困った大人を対象にした記事が。

中にはおいおい、そりゃあないだろうと思う内容もあったので軽く紹介します。

「なんで意味がないと思う?」と聞いてみる

いやいやいや、子供は勉強する意味がないと思ってるんですよ?

ないものをないと証明するのは悪魔の証明というヤツです。

悪魔の証明とは、「ある事実・現象が『全くない(なかった)』」というような、それを証明することが非常に困難な命題を証明すること。例えば「アイルランドに蛇はいる」ということを証明するとしたら、アイルランドで蛇を一匹捕まえて来ればよいが、「アイルランドに蛇はいない」ということの証明はアイルランド全土を探査しなくてはならないので非常に困難、事実上不可能であるというような場合、これを悪魔の証明という。

引用元:はてなキーワード

勉強することに意味があるというなら、あると主張する方が理由を説明しなくてはいけません。

子供は辛いことから逃げているだけ

やりたくないことをやらされているんですから、やりたくないと思うのは自然ですよ。

意味が感じられないから理由を求める。

「いいから勉強しろ」なんて言わず、パッと答えてやればいいじゃないですか。

 

あ、答えられないんでしたっけ。

勉強をする意味

勉強をする意味は2つある、とぼくは考えています。

 

1つは知識を深めるため。

例えば研究者や技術者が自分の専門分野の知識をさらに身につけていくことがこれにあたります。

大学以降の勉強は知識を深めるためという側面が強いですね。

 

で、もう1つは知識を広げるため。

どちらかというとこっちが子供の求める勉強する意味なんじゃないかと。

知識を広げるというのは複数の分野を広く学ぶということです。

 

学校ではいろいろな科目を学びますが、個人的には学んだことをすべて覚えておく必要なんてないと思っています。

なぜなら忘れたら調べればいいから。今はインターネットもありますし。

必要になってから勉強し直したっていいんです。

 

知識の広さは情報感度の高さとも言い換えられます。

知識が完全に身についていなくても、そういう知識があることを知っているかどうかが大事なんです。

知識を広げておくことが役に立つ例

国語の授業で『「新しい博物学」の時代』を読んだ方も多いでしょう。

うろ覚えだったのでネットで調べてみたのですが、だいたいの内容は以下のようなものです。

かに星雲の超新星爆発がいつか?という問題は天文学の立場からはだいたいの年代しか求められなかった。

が、藤原定家が残した明月記の中でかに星雲の超新星爆発のものと思われる観測結果があったことでより正確な年代が特定できた。

これが事実かどうかってのは諸説あるらしいんですが、知識の幅を広げておくことが役に立つ理由としては適切なものだと思います。

知識が狭いことで損をする例

例えばあなたの家庭で子供が生まれたとします。

そんなとき、住んでいる町に出産の助成金が出ると嬉しいですよね。

が、そもそも助成金の制度を知らなければ役所に申請することはないでしょう。

 

知っている人は当たり前過ぎて得をしていることに気づかない。

知らない人は損をしたことに気づかない。

【最後に少しだけ】子供を持つ大人へのメッセージ

勉強する意味を理解していれば、あなたは今でも勉強しているはずです。

勉強というのは何も教科書を買ってノートに書き込むというものだけではありません。

知らない分野の本を読んでみるってのも立派な勉強になります。

 

子供に勉強してほしいと思うならまずは自分が勉強し、その価値を知る必要があるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。