備忘録

【レビュー】Python初心者が「スラスラわかるPython」を読んだ結果

スラスラわかるPython

 

まったく何も分からないところからPythonというプログラミング言語を学ぶことにした。
勉強するための本を探していたら「スラスラわかるPython」という本を見つけたけど、これってプログラミング初心者でも読める?
初心者には難しすぎたりしないかな?

 

結論からいうと、この本は超おすすめです。

普段から自分のパソコンで何かしらの作業をしている、くらいのレベルであれば難しすぎると感じることはないんじゃないかと思います。

 

最初に断っておきますが、ぼくはプログラミングに関してまったくの初心者というわけではありません。

Python以外のプログラミング言語をかじったことがありまして、IFとかFORとか基礎の基礎みたいなアルゴリズムに関しては分かるレベルでした。

 

とはいえ本職のプログラマーには遠く及びませんし、Pythonに関しては名前しか知らない状態。

なので、プログラミングについてまったくの初心者だという方にも参考になるレビューになっているかと思います。

 

本書の良いところ

「スラスラわかるPython」で勉強しているときの画面

Pythonについて学べる本は数多くありますが、ぼくはこの本を選んで良かったと思っています。

もしかすると他にも良い本はあるのかもしれませんが、少なくとも「スラスラわかるPython」を選んで後悔はしないんじゃないかなと。

具体的に良かったと思う点を説明していきます。

作っていて楽しいプログラミングができる

プログラミングを学ぶときは実際に自分でも手を動かすのが基本です。

いわゆる写経というもので、本に書かれているコードを書き写していくうちにお作法を覚えます。

 

ですが初心者がいきなり複雑なものは作れないので、あくまでお作法を学ぶためだけの単調でつまらない作業になりがちなんですよね。

理屈は分かるけど、これが具体的にどう役立つのか分からない……

という感じ。

 

しかしこの本では一通り基礎を学んだ後に、ちょっとした応用を学びながら実用的なプログラムが作れます。

作れるものを具体的にいうとwebスクレイピングのプログラム。

webスクレイピングというのはwebサイトから必要な情報を抜き出すこと。

例えばあるニュースサイトの記事タイトルを抜き出して一覧にする、といったイメージです。

学んだ後にさっそく応用してみることもできました。
実際に作ってみたものについては後ほど紹介します。

本を読んだ後、次にやるべきことが分かる

ぼくは他のプログラミング言語を勉強したときも本を使いました。

ただ、入門書を終えた段階で次に何をやればいいか分からなくて、それ以上勉強することができませんでした……。

まぁモチベーションが高い人であれば自分で調べたりするんでしょうが、なんとなくプログラミングをやってみようという方だと一冊読み終わった時点でもういいかと思ってしまいがちなんじゃないかと。

 

しかしこの本では次に何をするといいか具体的な道が示されています。

機械学習を学びたい方はこれがいいよ、電子工作のプログラミングに活かしたいならこれがいいよ、といった感じで。

ぼくもまだ「スラスラわかるPython」を読み終わったところなのでその先を解説することはできませんが、次はこれを勉強してみたいなぁというものが見つかりました。

疑問が残らず学べる

プログラミングをするときは”おまじない”というものがよく現れます。

おまじないというのは「今これを知るのは難しいからとりあえず丸写ししておいて!」というもの。

ある程度勉強していけば分かることなんですが、その場ではモヤモヤした気持ちを抱えながら次に進まなきゃいけないんですよ。

 

しかし今回は1ページ1ページ納得して進めることができました。

本が分かりやすいのはもちろんなんですが、Pythonが分かりやすい言語ということでもあるかもしれません。

学習にかかる時間

ぼくは1日2~3時間×3日くらいで一通り読むことができました。

おそらくがっつり集中すれば半日もかからなかっただろうと思います。

 

とはいえ、ぼくは少なからずプログラミングの経験があったので、まったくの初心者であればもう少しかかるでしょう。

それでも土日で勉強しようと思えばできるはず。

「スラスラわかるPython」を読んでできるようになったこと

さっそく学んだことを活かしてみようということで、「検索したキーワードの関連キーワード」を拾うプログラムを作りました。

関連キーワードについて軽く説明

例えば「プログラミング 難しい言語」で検索すると、検索画面の下に以下のような関連キーワードが現れますよね。

 

この中に「C# 難しい」というキーワードがありますが、これは「プログラミング 難しい言語」で検索する人は「C# 難しい」でも検索する可能性が高いということ。

webサイトに人を集めようと思うとキーワードありきで記事を書くので、このような関連キーワードを簡単に集められるととても便利なわけです。

 

関連キーワード取得ツールというすでに無料で使えるものはあるんですが、これで拾えるのはあくまでキーワードに直接関係があるものだけ。

例えば「プログラミング」と入力すれば、以下のように「プログラミング」が含まれるキーワードしか見つけることができません。

関連キーワード取得ツールで「プログラミング」と入力したときの画面

作ったものについて紹介

今回作った「関連キーワードを拾うプログラム」はまず「プログラミング 難しい言語」の関連キーワードを拾います。

そしてここで拾った関連キーワードからさらに関連キーワードを拾い集め、これをCSVファイルに出力するというもの。

↓のような感じで、「プログラミング 難しい言語」とは違うけれど関係がありそうなキーワードが手に入ります。

オリジナルの関連キーワード取得ツール

今はまだぼくのパソコンでしか動作しないんですが、いずれweb上で公開できたりするとおもしろいかもしれません。

 

とまぁ、このようにちょっと頭をひねればこんなものが作れるようになります。

Pythonを学んでみたいという方はぜひ「スラスラわかるPython」を読んでみてください。

ABOUT ME
山田ユウキ
北海道石狩市のフリーランスwebライターです。【執筆依頼・お問い合わせ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。