webライターがブログを書くべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、webライターの山田ユウキです。

以前ブログをやってみて良かったことを記事にしましたが、今回はwebライターとしてブログを書くべき理由をまとめてみます。


スポンサーリンク


【理由1】ブログは実績代わりになる

webライターが仕事を取ろうとしたとき、クライアントに見せられる実績があるのとないのとでは採用率が大きく変わります。

相手の気持ちを考えれば当然ですよね。

ぼくだって誰かに記事を書いてもらう機会があったとすれば実績のある人を採用します。

特に専門的な分野であればなおさらでしょう。

「書いたことはないけど書けます!」と言われてもイマイチ信用できません。

 

では、どうやって実績を作るのか?

そこで使えるのがブログです。

 

さまざまなメディアに手あたり次第応募するのも1つの手段ですが、それでは自分が書きたい専門的な記事を書けないかもしれません。

ブログがあれば自分の書きたいことを誰にも制限されずに書けるはず。

自分の得意分野・専門分野に関する記事を載せておけば実績の代わりにできます。

 

特に専門分野がない人でも、とにかく自分が書ける記事を書いてみましょう。

たとえ仕事で書く記事とテーマが違っても、「こんな文章を書けるんですよ」という証明にはなります。

 

また、このブログのようにwordpressで運営している場合はサーバーやドメイン、htmlやCSSの知識がある程度あることも示せます。

【理由2】仕事依頼を受ける窓口になる

ブログを書いていれば検索からやってきて記事を読む人が現れます。

もしこの人がライターを探していたとしたら……?

「あなたに書いてほしい!」と思うかもしれませんよね。

そこで「執筆依頼を受け付けています」と書いてあれば連絡を取ろうと考えるでしょう。

 

実際このブログでは10記事程度書いた段階で問い合わせがありました。

さすがにこの記事数で連絡が来るのは稀でしょうが、ある程度アクセスが集まれば依頼したいと考える人は現れるはずです。

【理由3】記事を依頼する側の気持ちが分かる

たかが個人ブログとはいえ、webメディアであることには違いありません。

ブログを運営していればどうすればアクセスが集まるのかなど、webメディアを運営するための知識が身につきます。

これはただ依頼される記事を書いているだけでは得られない経験です。

 

運営者の気持ちが分かれば、ライターとしてより良い提案がしやすくなります。

特にwebメディアを運営している方はSEO対策の知識がある人を求めがち。

ブログを運営していると伝えることでより仕事を受けやすくなるでしょう。

もはやブログを書かない理由がない

以上、webライターがブログを書くべき3つの理由についてご紹介しました。

このうちどれか1つだけでも十分ブログを書く理由になります。

もはやブログを書かない理由がありません。

 

また、今回の趣旨とは少し違いますが、広告を貼ることで収入を得ることもできます。

ぜひあなたもブログの運営を始めてみてください。


スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

山田ユウキ

2017年6月、フリーランスwebライターとして開業。パレオダイエッター。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す