ブログ・YouTubeのネタ帳

完璧な記事を書こうとするな

 

記事を書いていると

 

この表現は違う気がするな……

なんか違和感があるな……

このようにキレイな文章を書こうと思ってしまいますよね?

 

もちろん

 

できるだけ読みやすい文章を書こう!

という意識は大事なんですが、1つの文章に10分も20分もかけているなら、それは考えすぎです。

ライターの仕事は読者に情報を伝えることであって、キレイな文章を書くことではありません。

 

読者目線で考える

おそらくあなたもWeb上の記事を読むことがあると思いますが、おそらく文章の読みやすさなんてそこまで気にしていないですよね?

 

どこに何が書いてあるか分かりやすい見出しになっていて、自分の求めている情報が書かれていれば十分。

 

きっとその程度の認識なのではないでしょうか?

どんなに書き手が工夫してキレイな文章を書いたとしても、その文章は結局2、3秒で読み飛ばされます。

修正される前提で書こう

そもそもの話、完璧な文章なんて書きようがありません。

 

たとえあなたが

 

これは完璧な文章だ!
点数をつけるなら100点だな!

と思っても、書き方の好みは人によって違います。

 

もしかすると、その文章はクライアントからすれば60点に見えているかもしれません。

逆に、自分では70点くらいだろうと思っていた文章が、80点、90点と評価されることもあります。

 

だったら細かい表現を気にして100点を目指すより、70点くらいの文章でもガンガン気にせず書いていった方が、収入もクライアントからの評価も上がっていくと思いませんか?

 

大事なのは文章のキレイさではなく、その記事に何が書かれているかです。

多少不自然な文章になってしまっても、読者の悩みをちゃんと解決できる内容になっていればそれほど問題にはなりません。

記事は芸術作品ではない

ライターの仕事はクライアントが求める要件に沿った記事を書くことであって、自分の作品を仕上げることではありません。

キレイな文章へのこだわりが手を鈍らせているなら、いっそ思いっきり適当に書いてみるのも一つの手です。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
文章なんて後からいくらでも直せますからね

さいごに

当サイト「山田ユウキのWebライター講座」は、Webライターの情報に特化した専門サイトです。

トップページの目次に沿って進めていただければ、未経験からでもフリーランスWebライターを目指せるよう設計していますので、ぜひ他の記事も見ていってください。

サイト内検索も可能です↓

無料メールマガジンでは

  • 文章力を高める具体的な方法
  • 高単価案件を獲得する営業術(実例など)
  • クライアントの裏事情
  • 個別相談・個別指導のおしらせ
  • 期間限定で配信する無料動画講座
  • Webセミナーやワークショップ実施のおしらせ
  • 非公開のライティング案件情報
  • 質問・相談への回答

などの情報を配信しています。

無料で参加できる企画も実施していますので、ぜひ今のうちに↓のボタンから登録しておいてください。

質問・相談も無料で受け付けています!

 

無料メルマガに登録する

現在メールマガジンに登録していただいた方への特典として

限定記事「文字単価1円のライターは実際どんな記事を書いているのか?」

をプレゼントしています。

これは実際に私が仕事を発注し、どんなやり取りをしたのか、どんな記事が集まったのかを紹介・解説している記事です。

他のライターがどんな仕事をしているのか覗いてみたいという方は、ぜひ提供を終了する前に受け取っておいてください。