ライター未経験の方へ

「クラウドソーシングは稼げない」という誤解を解く

 

「稼げる」というのが具体的にどれくらいの金額を指しているのか知りませんが、生活費くらいなら普通に稼げますよ。

 

私は未経験のWebライターとしてクラウドソーシングを利用し始め、月収30万円を達成しました。

ちなみに、この時の稼働時間は1日5時間以下です。

 

本気で稼ごうと思えば、月収50万円以上稼ぐのも十分現実的だと思います。

「副業として数万円稼ぎたい」ということであれば、正しい努力をするだけでほとんどの人が達成できるレベルです。

 

ということで、今回はクラウドソーシングが稼げないという誤解を解いていきます。

 

クラウドソーシングが稼げないといわれる理由

クラウドソーシングで公開されている案件は、たしかにどれも割の良い仕事とはいえません。

 

Webライティングの場合、公開されている案件の多くが1文字あたり1.0円以下の報酬です。

仮に1文字あたり0.2円の依頼を受けたとすれば、1,000文字書いて200円にしかなりません。

これだけ見るとブラック案件を紹介しているサイトと思われるのも仕方ないでしょう。

 

ランサーズに掲載されていたライティング案件

 

また、これまでクラウドソーシングを使わずに仕事をしていたライターも

こんな仕事しかないなんてひどすぎる!
クラウドソーシングなんて使うべきじゃない!

と言っていることがあります。

 

まったく未経験の人からすれば、「やっぱりそういうものか」と思ってしまいますよね。

公開されている案件は全体の一部でしかない

公開されている案件だけ見て「稼げない」と決めつけるのは早計です。

なぜなら、稼げる案件は一般に公開されていないからです。

 

クラウドソーシングで仕事を取る方法には以下の2パターンがあります。

 

  • 公開されている案件に提案する
  • クライアントから招待される

 

実はクラウドソーシングでの取引はほとんどが後者。

招待される案件では1文字あたり2円、3円になることも全然珍しくありません。

 

つまり、稼げなさそうに見える公開案件なんて氷山の一角でしかないというわけです。

 

クラウドソーシングに存在する案件のイメージ

 

招待される案件が稼げるのは分かったけど、どうすれば招待されるの?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
まずは公開されている案件に取り組み、クライアントに継続して依頼したいと思わせればOKです。
あとはプロフィールを見たクライアントからメッセージが届くこともありますね

 

まずは継続案件の獲得を目指しましょう。

クライアントから信用されれば単価は少しずつ上がっていきます。

公開されている案件の報酬が低すぎることはクライアントも分かっているんですよ。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
クライアントから直接声をかけられるのは実績が増えてきてからです。
最初はスカウトなんて期待せず、自分から仕事を取りに行きましょう

公開されている案件の単価が低すぎる理由

前提として覚えておいてほしいのが、クラウドソーシングにいるライターの質は玉石混交だということです。

プロとして活動している人もいれば、極端にレベルが低い人もいます。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
誰でも登録できてしまうので仕方ないですね

 

極端にレベルが低い人の例としては以下の通り。

 

  • 日本語が崩壊している
  • 納期を守らない
  • 急に連絡が取れなくなる
  • 他のサイトからコピペする

 

ハッキリ言って仕事という意識を欠いている人が多すぎます。

 

ここでクライアントの気持ちを考えてみてください。

せっかくそれなりの報酬を用意したのに、とんでもないライターに遭遇してしまったら?

納品された記事は使いものにならず、外注費も無駄になります。

 

だからこそ最初は単価を低めに設定し、信頼できるライターが見つかったら継続してお願いしつつ、徐々に単価を上げていくという戦略をとります。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
継続しているうちに報酬が最初の2倍以上になった、なんてこともよくあります

 

1時間で1,000文字書けるなら、1文字2円の案件をこなすことで時給2,000円になります。

1日5時間働くと仮定すれば月収30万円。

これだけ稼げたら十分生活できるレベルですよね。

その他よくある誤解

「稼げない」以外に誤解されていること多いので、ここで一緒に解説しておきます。

新規参入は難しい

どうせ実績が多い人の提案ばかり採用されるんだろ?
今から始めたって遅いよ……
山田 ユウキ
山田 ユウキ
私が始めた時も同じような意見がたくさんありました。
しかし、クライアントの意向を汲んだ提案ができれば初心者でも問題なく採用されます

 

そもそもベテランのライターは継続案件で仕事を回すようになるので、少しずつ提案する機会が減っていきます。

それなのにいろいろな案件に提案しているライターは……継続案件を取れない人である可能性が高いわけですよね。

 

実績数と実力は必ずしも比例しません。

自分が初心者だからといって「どうせ採用されない」と考えるのはもったいないですよ。

トラブルが多い

マルチ商法に勧誘されるとか、仕事だけやらせて報酬が支払われないみたいなトラブルがあるって聞いたんだけど……
山田 ユウキ
山田 ユウキ
たしかにそれは事実です。
ですが、それってクラウドソーシングだけの問題じゃないですよね?

 

クラウドソーシングでのトラブルとして挙げられるものは、クラウドソーシングを介さない直接取引でも起こりうるトラブルです。

それをクラウドソーシングでのトラブルとするのは、さすがに言いがかりではないでしょうか?

 

むしろ、クラウドソーシングは仮払いという仕組みがあるおかげで、金銭トラブルはちょっと気をつけるだけで回避できます。

マルチ商法などの勧誘だって、自衛の意識を持っていればいいだけの話ではないでしょうか。

クラウドソーシングは”使える”サービスだ

「クラウドソーシングなんて使い物にならない」と言う人は以下2パターンのどちらかだと思います。

 

  • 公開されている案件だけ見て稼げないと判断した
  • 自分が稼げなかったから稼げないと判断した

 

いきなり月収20万、30万を目指すのは難しいかもしれません。

しかし、地道に努力を続けて信用を積み上げていけば、誰でも生活できるだけの収入は稼げます。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】