ライター初心者向け

利用するクラウドソーシングサイトは複数でなく一つに絞るべき

 

クラウドソーシングサイトっていろいろあるけど、やっぱり複数登録しておいた方がいいの?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
登録は複数してもいいですが、実際に利用するのは一つにした方がいいですよ

 

私はクラウドソーシングで未経験のライターとして活動を始め、月収30万円を達成しました。

利用するサイトを一つに絞るというのは、私が実際に取った戦略です。

今考えても、やはりこの判断は正解だったと思っています。

 

どうやらネット上では複数使った方がいいという意見も多いようですが……。

それでも私は1つに絞るべきだと主張します。

 

利用するクラウドソーシングサイトを一つに絞るべき理由

利用するクラウドソーシングを一つに絞ると、クライアントから直接依頼のオファーを受けやすくなります。

 

クラウドソーシングに存在する案件は、公開されているものだけではありません。

たしかな実績がある人に依頼するため、クライアントが自発的にライターを探すこともよくあります。

こうしたチャンスをモノにできれば、公開されている案件より高額の報酬を期待できます。

 

では、クライアントはどうやってライターを探しているのでしょう?

 

クライアントは、サイトの検索機能を使って依頼相手を探します。

優先して検索結果上位に表示されるのは、サイト内で実績がある人です。

となれば、利用するサイトを分散している人は不利になってしまいます。

例えば「クラウドソーシングA」と「クラウドソーシングB」でそれぞれ10万円稼いでいる人は「クラウドソーシングA」だけで20万円稼いでいる人より直接オファーを受けにくくなります。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
「クラウドソーシングA」の運営からすれば、他サイトでの実績なんて知ったこっちゃないですから……

「複数のサイトを使うべき」という意見への反論

でも、複数のサイトを使うべきって意見もあるでしょ。
それについてはどう考えてるの?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
たしかにと思う部分もありますが、それでもやっぱり1つにするべきだと思います

ということで、ここからは複数のサイトを利用するべきという意見に反論してみます。

「利用するサイトを増やせば案件の量が増える」

たしかに、最初は複数のサイトを使うことで多くの案件をこなせます。

しかし、受注した仕事をしっかりこなしていけば、継続で仕事を任されるようになります。

 

継続の案件を受けながら、新規案件も次々獲得し続けるなんて無理な話です。

最終的には継続案件だけで仕事を回せるようになるため、自分から提案することはほとんどなくなります。

「多くの案件に目を通していれば報酬の良い案件を見つけられる可能性が高くなる」

報酬額は、継続の仕事を受けながら単価交渉で上げていきましょう。

クライアントも、よく分からない相手に依頼するよりは信頼できる人に長くやってもらいたいと考えています。

であれば、目先の報酬に惑わされず、自分にできる案件を確実にこなしていくべきです。

「突然サイトが終了するリスクに備えるべき」

たしかに、終了したクラウドソーシングサイト内での実績は消えてしまいます。

しかし、仕事をこなす上で手に入れたスキルは失われません。

 

仕事をこなすスキル、案件を受注する営業スキルがあれば、他のクラウドソーシングに行っても仕事は取れます。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
なんなら直営業で仕事取ることだってできますよ

「サイトによって競争率が違うこともある」

競争率なんて、どのクラウドソーシングを使ったところで大差ありません。

 

国内のクラウドソーシングといえば、ランサーズやクラウドワークス、シュフティあたりでしょうか。

どれも、クラウドソーシングをやっている人なら誰もが知っているサイトです。

仮に「ランサーズの競争率が低い」なんて話があれば、すぐに人が殺到して自動的に需給のバランスが調整されます。

Webライターが登録するべきクラウドソーシングサイト

未経験からWebライターになりたいなら、選択肢はクラウドワークスランサーズの2択です。

私はランサーズを使っていましたが、どちらを使っても大きな違いはありません。

あなたにとって、使い勝手が良いと感じるサービスを選べば大丈夫です。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
【無料メール講座】そろそろ本気でフリーランスを目指してみませんか?


初心者〜月数万円で伸び悩んでいる方を対象に、フリーランスWebライターを目指すための無料メール講座を用意しました。

メール講座限定のコンテンツも用意していますので、本気で頑張る覚悟がある方はぜひ登録してください。