ブログ・YouTubeのネタ帳

助詞の「の」は3回以上連続させない

 

助詞の「の」が連続してしまうと、なんだか締まりのない文章になってしまいます。

例えば以下の文章を読んでみてください。

 

明日の本番のための練習をする。

 

「の」が連続してクドい印象を受けたはずです。

では、これを修正してみるとどうなるでしょうか?

 

明日の本番に備えて練習する。

 

「本番のための」を「本番に備えて」と書き換えました。

 

もう少し具体例を見てみましょう。

 

私の母の好きな犬の種類はプードルだ。

→母の好きな犬種はプードルだ。

 

なくても意味が変わらない「私の」を削除し、「犬の種類」を「犬種」と書き換えました。

 

助詞の「の」は、使い勝手がいいだけに連続で登場させてしまいがちです。

もし3連続以上で使ってしまったときは

 

  • 「の」を削ることはできないか?
  • 他の表現に書き換えられないか?

 

と考えてみてください。

 

さいごに

当サイト「山田ユウキのWebライター講座」は、Webライターの情報に特化した専門サイトです。

トップページの目次に沿って進めていただければ、未経験からでもフリーランスWebライターを目指せるよう設計していますので、ぜひ他の記事も見ていってください。

サイト内検索も可能です↓

無料メールマガジンでは

  • 文章力を高める具体的な方法
  • 高単価案件を獲得する営業術(実例など)
  • クライアントの裏事情
  • 個別相談・個別指導のおしらせ
  • 期間限定で配信する無料動画講座
  • Webセミナーやワークショップ実施のおしらせ
  • 非公開のライティング案件情報
  • 質問・相談への回答

などの情報を配信しています。

無料で参加できる企画も実施していますので、ぜひ今のうちに↓のボタンから登録しておいてください。

質問・相談も無料で受け付けています!

 

無料メルマガに登録する

現在メールマガジンに登録していただいた方への特典として

限定記事「文字単価1円のライターは実際どんな記事を書いているのか?」

をプレゼントしています。

これは実際に私が仕事を発注し、どんなやり取りをしたのか、どんな記事が集まったのかを紹介・解説している記事です。

他のライターがどんな仕事をしているのか覗いてみたいという方は、ぜひ提供を終了する前に受け取っておいてください。