ブログ・YouTubeのネタ帳

Webライターは1日1記事も書ければ十分稼げます

 

個別相談を実施すると、必ずと言っていいほど

 

記事を書くのが遅いんです……

という相談をいただきます。

 

そこで私が

 

山田 ユウキ
山田 ユウキ
どれくらいのスピードで書ければいいと思っていますか?

と聞いてみると

 

1時間に2,000文字〜3,000文字ですかね

という答えが返ってきがちなんですが、ぶっちゃけそれは難しいと思います。

1時間あたりで考えるなら、私も800〜1,000文字くらいしか書けませんので。

 

早く書ける=稼げているとは限らない

たしかにTwitterなんかを見ていると

 

  • 「私は1時間に2,000文字書けます」
  • 「私は3,000文字くらいですかね」

 

なんて言っている人をゴロゴロ見かけます。

 

それはそれですごいなと感心するものの、正直に言わせてもらうと

 

山田 ユウキ
山田 ユウキ
で、良い記事は書けてるの?

とも思うんですよね。

 

もし記事の質が高いなら、きっと報酬単価も高いはずです。

仮に文字単価3円で受注していたとすれば、1日3時間の作業で18,000円〜27,000円。

単純に30をかけると、月収54万〜81万円くらいは稼げている計算です。

フリーランスとしてガッツリ作業時間を確保できる人なら、月収100万円くらいは普通に到達しているはずですよね。

 

ですが……冷静に考えて、そんなレベルのライターがゴロゴロいるわけありません。

1時間に2,000文字〜3,000文字も書けてしまうということは、それだけ単価が低い(=記事の質が犠牲になっている)ということを意味するのではないかと思います。

スピードではなく質で稼げ

Webライターの収入は

 

報酬単価×執筆量

 

で決まります。

 

無理にスピードを上げなくても、例えば文字単価3円の案件を受注できれば、1日3,000文字〜5,000文字の記事を1本書くだけで9,000円〜15,000円。

月収で考えると27万〜45万円は稼げる計算です。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
これなら1時間に800文字〜1,000文字しか書けなくても問題ないですよね

これから始める人でも文字単価3円は十分狙える

もしかすると

 

文字単価3円の案件なんていったいどこにあるの?

と思うかもしれません。

 

たしかに文字単価3円で募集されている案件なんてほとんど見かけませんよね。

ですが、継続案件を獲得し、単価交渉で少しずつ報酬を上げていけば、文字単価3円は特別な専門知識がなくても十分達成できるラインです。

 

すでに1時間あたり800〜1,000文字ペースで書く力があるなら、スピードを上げるよりも

 

  • 記事の質を高めること
  • 営業方法を工夫すること

 

に目を向けてみてください。

そういった施策に取り組んだ方が、結果的に収入を大きく伸ばせるはずです。

 

さいごに

当サイト「山田ユウキのWebライター講座」は、Webライターの情報に特化した専門サイトです。

トップページの目次に沿って進めていただければ、未経験からでもフリーランスWebライターを目指せるよう設計していますので、ぜひ他の記事も見ていってください。

サイト内検索も可能です↓

無料メールマガジンでは

  • 文章力を高める具体的な方法
  • 高単価案件を獲得する営業術(実例など)
  • クライアントの裏事情
  • 個別相談・個別指導のおしらせ
  • 期間限定で配信する無料動画講座
  • Webセミナーやワークショップ実施のおしらせ
  • 非公開のライティング案件情報
  • 質問・相談への回答

などの情報を配信しています。

無料で参加できる企画も実施していますので、ぜひ今のうちに↓のボタンから登録しておいてください。

質問・相談も無料で受け付けています!

 

無料メルマガに登録する

現在メールマガジンに登録していただいた方への特典として

限定記事「文字単価1円のライターは実際どんな記事を書いているのか?」

をプレゼントしています。

これは実際に私が仕事を発注し、どんなやり取りをしたのか、どんな記事が集まったのかを紹介・解説している記事です。

他のライターがどんな仕事をしているのか覗いてみたいという方は、ぜひ提供を終了する前に受け取っておいてください。