仕事の取り方

Webライターの初仕事、タスクにするか?プロジェクトにするか?

 

思い切ってプロジェクト案件に挑戦するべきか、まずは無難にタスク案件から始めるべきか……。

これはクラウドソーシングからWebライターを目指す方が最初に悩む問題です。

 

結論からいうと、Webライター初心者はタスク案件から始めるのがおすすめです。

 

今回はその理由を詳しく説明します。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
タスクとプロジェクトの違いについてはクラウドソーシングとは何か?独立や副業をしたい方向けの解説という記事で解説しているので、ここでは触れません

 

Webライターとしての初仕事にタスク案件をおすすめする理由

初心者がいきなり長文を書くのは難しい

プロジェクト案件で要求される文字数はその多くが1,000文字以上です。

原稿用紙でいうと、改行も考慮して3枚くらい書くイメージです。

慣れてしまえばこれくらい大したことではないのですが、いきなり長文を書くのは難しいですよね。

 

タスクには初心者でも取り組みやすい100文字程度の案件がたくさんあります。

100文字書けるようになったら300文字、300文字書けるようになったら500文字、といったように少しずつステップアップしていきましょう。

評価を気にせず気楽に始められる

プロジェクトでは案件が終了した際に5点満点の評価を受けます。

この評価はクライアントがライターを選ぶ際の参考にするものなので、出だしから低評価を受けるのは避けておきたいところです。

 

いきなりプロジェクトに挑むと、思った以上に依頼が難しいと感じるかもしれません。

「やっぱり私には書けません」なんて言えば、低評価をつけられてしまうでしょう。

 

しかし、タスクなら作業が承認・非承認になるだけで評価はつきません。

そのため、まずは腕試しの感覚でWebライターの仕事を体験できます。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
一応タスクの承認率もプロフィールに表示されますが、ほとんど目立たないので気にしなくて大丈夫です

タスクからプロジェクトに招待されることも

タスク案件で高いクオリティの記事を納品していれば、クライアントの方からプロジェクトへの誘いがあるかもしれません。

いきなり知らない案件に挑むより、少しでも知っているクライアントの仕事をする方が初心者としては安心ですよね。

 

私もタスク案件をこなしていた時、クライアントから「ぜひプロジェクトでお願いしたい」と連絡を受けました。

↓のように、私以外にもタスクからプロジェクトに誘われた人がいます。

タスクを20件全部やるぐらいの勢いでやっていると、次のタスクがでていました、そちらも1本1000円!これもやるしかないと思って、どんどんタスクをやっていきました。すると、ある日メッセージが来て、「プロジェクト形式でやってみませんか?」とのことだったのです。それが、ランサーズの中の人からのメッセージでした。

引用元:名もなきライターのブログ

 

とはいえ、他の事例は聞いたことがないので、よくあることとは言えないかもしれません。

あまり期待はせず、「そういうこともあるんだな」程度に考えておいてください。

タスクからプロジェクトに移行するタイミング

タスクはその場限りの取引なので、いくら案件をこなしても単価が上がりません。

最終的にはタスクを卒業し、プロジェクトに移行していくのが順当な流れです。

 

プロジェクトに移行するタイミングは、タスクで500〜800文字の案件をこなせるようになったくらいが目安です。

 

私の場合、約50件のタスクをこなしてからプロジェクトに挑みました。

今だから言えることかもしれませんが、正直50件もやらなくてよかったなと思います。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
10〜20件もこなせば十分です

 

きっと初めてのプロジェクトは緊張するでしょう。

ですが安心してください。

クライアントも初心者が応募してくることは分かっています。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】