仕事の取り方

Webライターが自分のブログを運営する3つのメリット

 

別にWebライターだからといってブログを運営しないといけないわけではありません。

 

しかし、Webライターがブログを持っていると仕事の幅がかなり広がります。

もしブログを始めるべきか迷っているなら、やらない理由はありませんよ。

 

ということで、今回はWebライターがブログを運営する3つのメリットを紹介します。

 

実績や専門性をアピールできる

Webライターがブログを運営していれば、掲載している記事はすべてポートフォリオになります。

特に駆け出しライターは提示できる実績がないので、ブログがあるだけで仕事の取りやすさは段違いに良くなります。

 

例えばこれから旅行ライターになりたいと思っているなら、実際に旅行をしながらブログを書いてみると良いでしょう。

取材の案件を受けたいなら、友達に取材している様子をブログ記事にしてしまえばOKです。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
プロフィールや過去に執筆した記事を1つのページにまとめておいてもいいですね

できればWordPressブログがおすすめ

ネット上には無料でブログを運営できるサービスがたくさん存在します。

もちろん無料のサービスを使ってもいいのですが……私のおすすめはWordPressブログです。

 

WordPressはブログを運営するためのソフトウェアです。

自分でサーバーを借りてドメインを用意するなど、なかなか手間がかかるのでパソコンの操作に疎い方は苦労するかもしれません。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
サーバー・ドメイン代で月々1,000円ちょっとの費用がかかります

 

わざわざセットアップが面倒なWordPressをおすすめする理由は以下の3つです。

 

  • WordPressに直接記事を入稿してくれという案件が多い
  • Webマーケティングのスキルを学べる
  • アフィリエイト広告を自由に貼れる

 

企業が運営しているブログはほぼ間違いなくWordPressを使っています。

もちろんWordファイルやGoogleドキュメントで納品することも多いのですが、WordPress入稿に対応できれば仕事の幅が広がります。

 

また、WordPressブログでアクセスを集めるにはWebマーケティング(特にSEO)の知識が必要です。

クライアントはアクセスアップを目的に記事執筆を依頼することが多いため、Webマーケティングを理解していれば報酬を上げやすくなります。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
アフィリエイト広告については後ほど説明します

 

もしWordPressでブログを開設するなら、以下の記事が分かりやすいかと思います。

ブログ経由で仕事を依頼されることも

情報を発信していれば、自分から営業しなくても人が集まってきます。

企業や編集者があなたのブログを見つけ、仕事の依頼が舞い込むこともあるでしょう。

 

あくまで私の感覚ですが、自分から営業して取った仕事よりも相手からお願いされた仕事の方が報酬は高くなります。

私の場合、20記事ちょっとしかないブログを運営していた時でも何度か問い合わせがありました。

副収入を得られる

WordPressでブログを運営している場合、アフィリエイト広告を貼ったり自分の商品を販売したりすることで副収入を得られます。

副収入がライターの収入を上回るようなら、ライターを辞めてブログ一本で生活するという選択肢も考えられるでしょう。

無料ブログの場合、アフィリエイト広告の掲載やビジネス目的での利用が禁止されていることもあります。

仮に今は禁止されていなくても、利用規約が変わってブログを消されてしまうリスクがいつまでもついて回ります。

 

それにもしブログからの収入が途絶えても、実績となる記事が残っていればWebライターに復帰するのは簡単です。

読者に商品やサービスを購入させた実績があれば、セールスライティングのスキルもアピールできます。

Webライターがブログを運営するデメリット

ブログを更新するのが面倒なのと、WordPressで運営すると少し費用がかかるくらいしかデメリットはありません。

 

費用がかかるとはいえ、長い目でみると稼げる金額は間違いなく増えます。

ブログは受注している仕事を少し削ってでも書く価値があるものですよ。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
\質問・相談はこちら/


メールマガジンでは読者さんからの質問や相談に直接答えます。

私に答えられることであれば何でも回答しますので、未経験や初心者の方はぜひ登録してみてください。