ライター未経験の方へ

Webライターが絶対に初心者を名乗ってはいけない理由

 

Webライターとして稼ぎたいなら、絶対に「自分は初心者です」などと公言してはいけません。

なぜなら、Webライターが初心者を名乗るのは百害あって一利なしの行為だからです。

もちろん初心者と同じような意味の「駆け出し」「未熟」といった言葉も使わないようにしましょう。

 

理由は以下の3つです。

 

  1. クライアントに避けられるから
  2. 悪質なクライアントに搾取されるから
  3. 自分で限界を決めてしまうから

 

①と②は分かっているのに、③を分かっていない人が多い印象です。

たとえ仕事と関係ない場所であっても、自分を初心者だと名乗るのはやめましょう。

 

1.クライアントに避けられるから

クライアントからすれば、わざわざ初心者に仕事を頼む意味なんてありません。

 

ライターとクライアントは、単なる取引先の関係です。

あなたも何か買い物をしようと思ったとき、商品やサービスは信頼できる会社から買いたいと思いますよね。

販売会社が「今年創業したばかりです!」なんて宣伝していたら、不安になることはあってもプラスの印象を抱くことはないはずです。

 

そもそも、ただでさえWebライターは低レベルな人が多いと思われています。

これは記事の質が低いという意味ではなく、締め切りを守らない人や指示を無視するような人がたくさんいるという意味です。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
プロを自称している人でも問題を起こすわけですから、自分から初心者を名乗るのは地雷アピールをしているようなものだといえます

2.悪質なクライアントに搾取される

初心者を名乗っている人でも、仕事を取ること自体は簡単です。

なぜなら、初心者歓迎という条件で募集しているクライアントもたくさんいるからです。

 

しかし、なぜ彼らは初心者歓迎なんて条件で人を集めているのでしょうか?

答えは簡単、ライターが初心者だと自覚していることは、報酬を低く設定する便利な理由になるからです。

 

初心者歓迎の案件は、膨大なマニュアルを読み込む必要があったり作業量が多すぎたりなど、とにかく割に合わないケースがほとんどです。

「稼ぎながら技術を学べます」など、もっともらしいことを言うクライアントもいますが、彼らはあなたのスキル向上に何の責任も持ってはくれません。

都合が悪くなったら契約を切られるだけ。ハッキリ言って搾取です。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
本当に技術を教えてくれるならスクールでも運営すればいいのに……と思います

 

初心者歓迎の搾取案件を受注していても、Webライターとして稼ぐ力は身につきません。

こんな案件を受注するくらいなら、ブログを書いた方がよっぽど力になります。

3.自分で限界を決めてしまうから

Webライター初心者を名乗っていると、無意識のうちに自分の限界を決めてしまいます。

例えば以下のように。

 

  • まだ初心者だし、稼げなくても仕方ない
  • まだ初心者だし、簡単な依頼を探そう

 

学校であれば「次はコレに挑戦してみましょう」と導いてくれる人がいます。

しかし、自力でWebライターになりたいなら、自分で自分を導くしかありません。

 

Webライター初心者を名乗っている人は、心のどこかに「初心者だからミスをしても許してね」という気持ちがあるはずです。

初心者だろうが副業だろうが、まずは自分をプロだと思ってください。

実力はプロ意識が芽生えた後に磨かれていきます。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
\質問・相談はこちら/


メールマガジンでは読者さんからの質問や相談に直接答えます。

私に答えられることであれば何でも回答しますので、未経験や初心者の方はぜひ登録してみてください。