ライティングのコツ

クライアントから指定された文字数を大幅に超えそうな時の対応

 

例えば2,000文字以上という指定で執筆を依頼された時、

いや、3,000文字は軽く超えそうなんですけど……

と思ったら、あなたはどうしますか?

 

もちろん、まずはクライアントに相談するのが正解です。

では「特に上限はありません(報酬は同じ)」と言われた場合は?

 

長く書くのは面倒だし、適当に削っておくか
山田 ユウキ
山田 ユウキ
実はそれ、もったいない考え方なんですよ

 

上限がないなら、いっそ文字数なんて気にせず、書けるだけ書いてしまいましょう。

クライアントが喜ぶのはもちろん、長期的にはあなた自身のスキルアップ・報酬アップにもつながります。

あくまで、無理やり削るくらいなら長い方が良いという話です。

強引に文字数を増やそうとするのは逆効果なので気をつけてください。

 

指定文字数を超過するとクライアントから評価される

長く書いたところで余計な手間が増えるだけじゃないの?
面倒なことはしたくないんだけど……
山田 ユウキ
山田 ユウキ
そう感じてしまう気持ちは分かります。
でも、もっと長期的に考えてみましょう

 

クライアントが求めているのは濃密で情報量の多い記事です。

2,000文字の記事と3,000文字の記事なら、当然3,000文字の方が情報量は多くなりますよね。

 

Webサイトに載せる記事は新聞などと違い、物理的な制限がありません。

あまりに長くなりすぎるのは問題ですが、2,000文字が3,000文字になるくらいであれば、むしろ歓迎されることの方が多いといえます。

期待に応える記事を納品できていれば、間違いなくあなたは評価されるでしょう。

 

クライアントから十分な信頼を勝ち取っていれば、単価交渉の成功率がグッと上がります。

それどころか、交渉しなくても向こうから報酬を上げてくれることだってあるはずです。

文字数オーバーで報酬が増えた例

実際に、指定の文字数を超えたことで報酬がアップした例を2つ紹介します。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
ちなみに、どちらも向こうから提案していただいたパターンです

文字単価が3倍になったケース

私は以前、恋愛をテーマにした800文字の記事を400円(文字単価0.5円)で依頼されました。

これに対して指定文字数の約1.5倍(1,282文字)で納品したところ「次回は800文字の記事を1,200円(文字単価1.5円)でお願いします」と頼まれました。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
まぁ、次の記事も800文字には収まらなかったんですが……

 

とはいえ、800文字で文字単価1.5円なら、前回と同様に1,200文字くらい書いても実際の文字単価は1.0円です。

もちろん無理して1,200文字書かなくても問題ないので気が楽でした。

文字数に応じて報酬を調整してくれたケース

2,500文字指定(文字単価1.5円)の記事を3,211文字で納品したところ「次回以降は100文字ごとに調整します」と対応していただいたケースもあります。

例えば2,500文字指定で2,832文字書いた場合、超過した300文字分(450円)が後から追加される形式です。

指定文字数を超える時の注意点

最初の注意にも書いた通り、文字数を増やすために内容を薄めてしまっては本末転倒です。

また、厳格に文字数が指定される場合もあるため、必ずしも文字数が多ければいいわけではありません。

 

特に上限が決められていなくても、文字数に応じて報酬を調整してもらう場合は注意が必要です。

クライアントにも予算の都合がありますからね。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
いずれにせよ、少しでも不安なら必ずクライアントに相談してください

 

それから、紙媒体のライターになると話がまったく変わることも一応覚えておきましょう。

紙面には物理的な制限があるので、たくさん書きすぎると逆に迷惑がかかります。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
\質問・相談はこちら/


メールマガジンでは記事執筆のポイントを解説するほか、読者さんからの質問や相談に直接答えます。

私に答えられることであれば何でも回答しますので、未経験や初心者の方はぜひ登録してみてください。