ライター未経験の方へ

Webライティングの資格を取るなんて金のムダ、時間のムダです

 

資格なんて取る余裕があるなら、その時間を使って1件でも多く営業してください。

 

えっ……でも自分は未経験だし、資格を持っていた方が仕事を取りやすくない?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
Webライターを始めるのに資格なんて必要ありません。
そんな資格を取るくらいなら少しでも多く実績を積むべきです

 

私も現役のWebライターですが、Webライティングの資格なんて1つも持っていません。

資格があれば仕事を取れるなんて思っていたら、お金と時間をドブに捨てることになります。

 

1つの実績>>>超えられない壁>>>資格

実は私もクライアントとして仕事を募集した経験があります。

その時に最も重視したのは応募者の実績でした。

 

例えばダイエット関連の記事執筆を依頼するなら、以下の2点を重要視します。

 

  • 実際にダイエットの経験はあるか?
  • ライターとして記事を書いた経験はあるか?

 

私なら、具体的なダイエットの経験談と過去に書いた記事を見せてくれれば、それで採用します。

資格を持っているかどうかなんて、ハッキリ言ってまったく判断材料にしません。

 

だって、資格があるからといって記事を書けるとは限りませんよね?

それなら1件でも実績がある人に任せた方がよっぽど安心です。

 

そうは言っても未経験だからライターとしての実績なんてないんだけど……
山田 ユウキ
山田 ユウキ
最も重視するのは記事テーマに関する実績です。
ライターとしては未経験でも、テーマに関する実績があるなら十分採用候補になります

 

もし自分の知識を活かせる案件がないなら、まずは単価の低い案件から手をつけましょう。

報酬こそ低いものの、ライター初心者でも比較的簡単に仕事を取れます。

1つでも記事を書けば、次からはその記事をサンプルとして提示できますよ。

 

ちなみに、最初から高単価の案件を狙いたいならブログを書いておくのがおすすめです。

ブログがあればライティングスキルを証明できるだけでなく、知識や経験もアピールできます。

Webライターがブログを運営するメリットは他にもたくさんあるのですが、より詳しく知りたい方は↓の記事を参考にしてください。

資格商法に踊らされるな

なぜ必要もない資格があるかといえば、それがビジネスになるからです。

 

試験を受けさせる時には受験料を取れますし、勉強しようとしている人には勉強会や教材を売れます。

いわゆる資格商法というヤツですね。

Wikipediaに興味深い事例がたくさん載っているので、興味があれば目を通してみてください。

 

正直、私はWebライティングの資格なんて「ないよりあった方がマシ」とすら思いません。

個人的な意見ですが、わざわざ資格をアピールする人が応募してきたら

山田 ユウキ
山田 ユウキ
あっ、資格商法に踊らされる人が来たな……

と思うので、むしろ悪印象を抱きます。

記事テーマに関連した資格なら役に立つ

Webライティングの資格はまったくの無意味ですが、記事テーマに関連した資格であれば多少は役に立つかと思います。

 

例えば飲食店の経営に関する記事を執筆するなら、フードコーディネーターの資格があればいくらか有利になるでしょう。

どうしても資格の勉強をしたいなら、書きたい記事テーマに関連する資格を選んでください。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
ただ、ほとんどの場合ブログを書いて専門性をアピールする方がよっぽど有意義かと思います
ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
\質問・相談はこちら/


メールマガジンでは読者さんからの質問や相談に直接答えます。

私に答えられることであれば何でも回答しますので、未経験や初心者の方はぜひ登録してみてください。