初心者向け基礎知識

これさえあればOK!Webライターを始める前に必要なもの

 

Webライターは初期投資がほとんど要らないって聞いたけど、具体的に何を準備すればいいんだ?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
パソコンとネット回線さえあれば、他のものはすぐに用意できますよ

 

私は2017年からWebライターとして活動し始め、今はこのサイトやYouTubeでWebライター向けの情報を発信しています。

この記事では、これからWebライターを始める人が最低限用意しておきたいものについてまとめました。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
ここで紹介するものさえ用意できれば、今すぐにでもWebライターとして動き出せます

 

パソコン

Webライターに特別ハイスペックなパソコンは必要ありません。

ネットを使った情報収集と、記事の執筆さえできれば仕事はこなせます。

特にストレスなく使えているパソコンがあるなら、それをそのまま利用してください。

 

今から新しいパソコンを買う場合は、目安として5万円以上で売られているものをおすすめします。

2〜3万円で売られている格安のパソコンもありますが、こういったパソコンはWebサイトの閲覧すら満足にできないものが多く、安く買えても結局損をすることになりがちです。

5万円以上のパソコンなら、よっぽど運が悪くない限りハズレを引くことはありません。

 

 

パソコンって絶対ないとダメ?
スマホやタブレットでなんとかならない?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
残念ながら、それはかなり難しいです

 

結果的に「やろうと思えばスマホでもできたな」という仕事も、一応あるにはあります。

ですが、それはあくまで結果論であり、クライアントはパソコンで作業してもらうことを想定して仕事を発注しています。

スマホやタブレットで対応できない仕事を任されることもあるので、やはりWebライターにパソコンは必須です。

ネット回線

こちらもパソコン同様、特別な回線は必要ありません。

ネットを使った情報収集やファイルの送受信が問題なくできるなら、テザリングでもOKです。

Googleのアカウント

Webライターとして活動していれば、遅かれ早かれ必ずGoogleのサービスを利用することになります。

 

よくあるシチュエーション

 

Googleアカウントは無料で簡単に作成できますので、まだアカウントを持っていない方は今のうちに登録しておいてください。

 

クラウドソーシングのアカウント

クラウドソーシングとは、仕事を受注したい人・依頼したい人をマッチングさせるサービスのことです。

 

企業に直接営業をかけることでも仕事は取れますが、いきなり自分で営業するなんてハードルが高いですよね。

その点、クラウドソーシングには初心者・未経験者を歓迎しているクライアントもたくさんいます。

そのため、クラウドソーシングのアカウントも、これから活動し始めるライターには必須といえます。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
クラウドソーシングは日本最大手のクラウドワークス、もしくはランサーズに登録しておけばOKです。
クラウドソーシングをより詳しく知りたい方は↓の記事をどうぞ。

銀行口座

報酬の振込先として銀行口座が必要です。

どこの口座を使っても構わないのですが、できれば楽天銀行の口座を用意しておくのがおすすめです。

なぜなら、楽天銀行であればクラウドソーシングで稼いだ報酬を出金するときの手数料が安く済むからです。

 

出金手数料の比較

クラウドワークス ランサーズ
楽天銀行 100円 110円
楽天銀行以外 500円 550円
山田 ユウキ
山田 ユウキ
クラウドワークス、ランサーズの振り込みは月に2回あるので、楽天銀行にするか他の銀行にするかで9,600円/年も差が生まれます

ブログ

案件に応募する際、実績があるとないとでは採用率に大きな差が出ます。

とはいえ、始めたばかりの初心者に実績なんてありませんよね。

 

そこで力を発揮するのがブログです。

ブログに記事をアップロードすれば、それは立派な実績になります。

 

例えば、もしあなたに子供がいるなら、子育てで大変だったことや利用した行政のサービスなど、これから子育てを始める人に役立つ記事を書いてみてください。

テニスの経験があるなら「テニスを始める際に必要な道具◯選」といった記事を書いてみてください。

 

もしブログに書いた記事と似たジャンルの仕事があれば、採用率は格段に上がります。

そうでなくとも、クライアントに自分が書く記事のレベル感を伝えることはできます。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
実はブログを持っていないライターもたくさんいます。
ただ、ブログがあるだけで簡単に他のライターと差がつくので、本気でWebライターになりたいならブログは必須といっても過言ではありません!

WordやExcelは代用が効く

Webライターの業務では、WordファイルやExcelファイルを扱うことも多いです。

そのためWord、Excelの購入を勧める方も多いんですが……実はWordやExcelは、それぞれGoogleドキュメント、Googleスプレッドシートで代用が効きます。

オフラインで作業することも多いなどの事情があるならともかく、わざわざWebライターを始めるためにWordやExcelを買う必要はありません。

 

以上、今回紹介したものさえ用意できれば、あとは無料のツール等があれば十分です。

あとになって「コレ(1万円)がなければ仕事になりません!」なんてことは言いませんので安心してください。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
他に必要なものがあれば、都度紹介していきます

Webライターを目指すあなたへ

当サイト「山田ユウキのWebライター講座」は、その名の通りWebライターの情報に特化した専門サイトです。

トップページの目次に沿って読み進めていただければ、未経験からでもプロのライターになれるようサイトを設計していますので、ぜひ他の記事にも目を通してみてください。

 

またLINE公式アカウントでは、表で出しにくいクライアントの裏事情など、ここだけの情報を配信しています。

質問・相談も無料で受け付けていますので、ぜひ今のうちに↓のボタンから登録しておいてください。

LINEに登録する

現在LINEに登録していただいた方への特典として

限定記事「文字単価1円のライターは実際どんな記事を書いているのか?」

をプレゼントしています。

これは実際に私が仕事を発注し、どんなやり取りをしたのか、どんな記事が集まったのかを紹介・解説している記事です。

他のライターがどんな仕事をしているのか覗いてみたいという方は、ぜひ提供を終了する前に受け取っておいてください。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動し始め、フリーランスになりました。このサイトでは、ライティングテクニックや営業ノウハウなど、Webライター向けの情報を発信しています。プロフィールお問い合わせ