ライター未経験の方へ

「Webライターは飽和している」の実情

 

Webライターなんて飽和しているし、いまさら始めても稼げないよ……
いやいや、うちはライターさん全然足りてないよ!

 

どちらもウソをついているわけではありません。

では、同じ話をしているはずなのに、なぜ正反対の主張になってしまうのか?

 

原因は”Webライター”という主語が大きすぎる点にあります。

初心者Webライターは飽和している一方で、中級者以上のライターは全然足りていない。

これが「Webライターは飽和している」の実情です。

この記事を書くきっかけになったツイート↓

 

飽和しているのは初心者ライター

クラウドソーシングの登場により、Webライターはパソコンとネット環境さえあればほとんど誰でも始められる仕事になりました。

このハードルの低さがWebライター激増の要因であることは間違いないでしょう。

 

しかし、誰でも参入できてしまうと全体の質はどうしても下がります。

それどころか、納期を守らない、突然音信不通になるなど、非常識なライターもたくさん現れました。

山田 ユウキ
山田 ユウキ
もちろん、ちゃんとしたライターもたくさんいますが……

 

信頼できるライターを見つけるのは結構大変な仕事です。

なにしろ相当な手間と時間がかかりますし、テストライティングにだって外注費がかかります。

「全然ライターが足りない!」という声がなくならない背景には、こういった事情があるわけです。

 

実際、私も「ライターさんが足りないんだよね」という話はよく聞きます。

 

編集業務をしている方からも以下のコメントをいただきました。

「今からWebライターは厳しい」という勘違い

そりゃあ中級者以上の人はいいかもしれないけど、自分は初心者なんだよ。
やっぱり今からWebライターを目指すのは厳しいんじゃないの?
山田 ユウキ
山田 ユウキ
それは完全に勘違いなので安心してください

 

たしかに、中級者以上になれるWebライターは全体のわずか数%です。

この割合だけ見れば「Webライターになるのは難しい」と感じるのも当然でしょう。

 

ただ、初心者ライターが飽和している理由は、参入障壁がクラウドソーシングによって異常なまでに下がっているからでしたよね。

誰でも気軽に参入できるものなら、簡単に諦める人もそれだけ多くなります。

「挑戦する人の数が多い=難しい」は錯覚でしかないんですよ。

Webライターになるハードルは意外に低い

Webライターは続けてさえいれば稼げるのですが、継続できる人は圧倒的に少数派です。

また、締め切りを破る人、いきなり音信不通になる人も多く、驚くことに一般常識を守っているだけでもそこそこ評価されます。

 

文章力に自信がない方もいるでしょうが、まずは最低限日本語の読み書きができるレベルであれば十分です。

スポーツと同じで、最初から上手く書ける人なんていません。

 

本当に自分でもやっていけるのかな?

 

そんな不安があるなら↓の記事にも目を通してみてください。

ABOUT ME
山田 ユウキ
2017年6月からWebライターとして活動しています。このブログでは初心者Webライター向けの情報を発信中。【詳しいプロフィールはこちら】
\質問・相談はこちら/


メールマガジンでは記事執筆のポイントを解説するほか、読者さんからの質問や相談に直接答えます。

私に答えられることであれば何でも回答しますので、未経験や初心者の方はぜひ登録してみてください。